« エスパルス韓国遠征中止 | トップページ | U-17国際親善トーナメント準決勝 »

2006.05.09

キリンカップサッカー2006ブルガリア代表戦

日本代表1-2ブルガリア代表
得点者:
(日本)巻
(ブル)S・トドロフ、ヤネフ
日本はフォーメーションを3-5-2にし、 FWに巻選手と玉田選手、トップ下に遠藤選手、右に加地選手、左に村井選手、ボランチに 福西選手と阿部選手、3バックは中澤選手、宮本選手、田中選手、GK川口選手という スタメンで試合に臨みました。
前半、1分ブルガリアの攻撃、左サイドのM・ペトロフ選手がサイドチェンジで右サイドのスペース に出したボールを受けたY・トドロフ選手がドリブルでペナルティエリア内まで持ち込んで中澤 選手をかわしてクロス、後方から走り込んだS・トドロフ選手が田中選手の前でこのボールに 合わせゴールに押し込みブルガリア先制。 26分ヤンコビッチ選手からG・イリエフ選手に交代。 41分村井選手が自陣からのロングフィードを左サイドでトラップしようとした時に左膝を捻り 自らバツを出し交代を要求(怪我が少しでも軽いことを祈ります)。三都主選手が交代で入る。 前半は玉田選手のポストを叩く惜しいシュートなど何度かチャンスが有りましたが得点は 上げられず、1点のビハインドで終了しました。
後半、0分ミラノフ選手からV・イリエフ選手に交代。 16分福西選手から小野選手、田中選手から小笠原選手に交代し4バックに変更。 18分からS・トドロフ選手からドモフチスキー選手に交代。 31分日本の攻撃、右サイドからの加地選手のクロスがサイドチェンジの様になり左サイドに抜け、 このボールを左サイドにいた三都主選手がミドルシュート、シュートは枠を外れそうになるが このボールにDFと競りながら詰めた巻選手の立ち足に当たりゴールし同点に追いつく。 32分巻選手から佐藤選手に交代。 38分阿部選手から長谷部選手に交代。 41分M・ペトロフ選手からヤネフ選手に交代。 ロスタイムブルガリアのFK、左サイドからのヤネフ選手のクロスがゴール前の混戦を抜け、 ブラインドになったか川口選手の反応が僅かに遅れタッチするがゴールに吸い込まれブルガリアが 再びリードする。 ロスタイムテルキスキー選手からカラスラボフ選手に交代。 試合はそのまま終了し敗戦しました。
攻守に渡って課題が出てしまった試合でした。 代表メンバー発表まで残り1試合。次戦は今日の課題を解消する良い試合をして 選手全員がアピールしてほしいと思います。

|

« エスパルス韓国遠征中止 | トップページ | U-17国際親善トーナメント準決勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/9996036

この記事へのトラックバック一覧です: キリンカップサッカー2006ブルガリア代表戦:

« エスパルス韓国遠征中止 | トップページ | U-17国際親善トーナメント準決勝 »