« U-19日本代表候補トレーニングキャンプメンバー発表 | トップページ | U-17日本代表メンバー発表 »

2006.03.01

国際親善試合ボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦

日本代表2-2ボスニア・ヘルツェゴビナ代表
得点者:
(日本)高原、中田英
(ボス)ミシモビッチ(PK)、スパヒッチ
日本は欧州組を加え、フォーメーションを4-4-2にして試合に臨みました。
前半、42分中央の中村選手からのパスを福西選手が裏のスペースにフリーで抜け出し、 胸でワントラップしてGK越しにループシュートを狙うがGKの伸ばした手で叩き落とされ 惜しくもゴールならず。 45分日本の右CK、中村選手のCKを高原選手がバルバレス選手のマークを外してヘディング シュート、ワンバウンドしたボールがゴールに決まり日本先制。 日本はボスニアの早いチェックと素早いカウンターにかなり苦労しましたがセットプレーからの 得点でリードを奪い前半を終了しました。
後半、11分ワンツーで抜け出しペナルティエリア内に侵入したバルバレス選手を中澤選手が 後ろから倒してしまいPK、ミシモビッチ選手にきっちり決められ同点に追いつかれる (PKの判定は厳しかったですがバルバレス選手の倒れ方が上手いというか、抜け出された 時点でほぼ勝負が決まっていた感じでした)。 17分ムシッチ選手からフルゴビッチ選手に交代。 21分三都主選手が相手選手の突破を止めてイエローカード。 このプレーでボスニアが右サイドでFKを得、ゴール前へのクロスをバルバレス選手が中澤選手の マークを外してヘディングシュート、ワンバウンドしたボールを川口選手がファンブルし、この ボールに詰めたスパヒッチ選手に押し込まれ逆転を許す。 23分中澤選手のパスミスをカットされカウンターを受け、宮本選手が相手選手をタックルで 止めてしまいイエローカード(レッドカードを出されるかと思いました)。 25分福西選手から稲本選手、小笠原選手から小野選手に交代。 26分久保選手から柳沢選手に交代。 30分ベスリア選手からブラダビッチ選手に交代。 32分バルバレス選手からラスチッチ選手に交代。 36分グルイッチ選手からヤキロビッチ選手に交代。 37分高原選手から大黒選手に交代。 42分バイラモビッチ選手からビディッチ選手に交代。 ロスタイム中村選手の右サイドからのクロスを中田英選手がダイビングヘッドでゴールし 同点に追いつき、直後にタイムアップ。
ボスニアに日本の守備の課題を強烈に突きつけられた試合でした。 ジーコ監督がメンバーをこのまま固定して戦うとしたらワールドカップまでにどれだけ今日の 課題を消化できるかが本当に気になります。

|

« U-19日本代表候補トレーニングキャンプメンバー発表 | トップページ | U-17日本代表メンバー発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/8890359

この記事へのトラックバック一覧です: 国際親善試合ボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦:

« U-19日本代表候補トレーニングキャンプメンバー発表 | トップページ | U-17日本代表メンバー発表 »