« 謹賀新年 | トップページ | 第84回全国高校サッカー選手権大会2回戦 »

2006.01.01

第85回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝

清水エスパルス1-2浦和レッドダイヤモンズ
得点者:
(清水)市川
(浦和)堀之内、マリッチ
エスパルスは怪我の久保山選手に代わり岡崎選手が入った以外は前戦と同じスタメンで臨みました。 また、サブには怪我で戦列を離れていた市川選手が復帰しました。
前半、0分崔兌旭(チェ テウク、以降チェと省略)選手のオープニングシュートはゴール僅か右に 外れる。 26分曺宰溱(チョ ジェジン、以降チョと省略)選手が細貝選手を倒してしまいイエローカード。 28分浦和ポンテ選手にイエローカード。 39分浦和のCK、一旦はクリアするがセカンドボールを再度繋がれ、左サイドからの三都主選手の クロスをCKの流れから前線に残っていた堀之内選手にヘッドで決められ浦和に先制を許す。 前半は1点のビハインドで終了しました。
後半、序盤から何度かチャンスを作るがゴールまで至らない。 8分高木和選手のクリアミスから山田選手をフリーで抜け出させてしまうが、西部選手が 1対1を冷静に対処しシュートをブロックして事なきを得る。 20分浦和岡野選手から赤星選手に交代。 22分清水のCK、兵働選手の上げたクロスを青山選手が高い打点のヘッドで叩きつけるシュート を撃つがGK正面でゴールならず。 26分浦和細貝選手が遅延行為でイエローカード。 26分浦和マリッチ選手がペナルティエリア内でボールをキープし高木和選手をかわしてシュート、 西部選手がセービングで弾き出す。 27分枝村選手から平松選手、森岡選手から市川選手に交代。 29分浦和の攻撃、ワンタッチプレーの連続から完全に清水ディフェンスが崩され、マリッチ選手に ゴールを決められる。 32分清水の攻撃、浦和ペナルティエリアの右外でFKを得る、兵働選手のクロスは一旦は ディフェンスにクリアされるがセカンドボールが直接市川選手に渡り、素早く撃ったシュートが ゴールに決まり1点差に追い上げる。 34分平松選手が相手選手を倒してしまいイエローカード。 35分チェ選手から北嶋選手に交代。 37分浦和マリッチ選手が遅延行為でイエローカード。 39分平松選手が主審への異議で2枚目のイエローカードを受け退場、10人になる (厳しい判定でしたが1枚イエローカードを受けていたのでしてほしくない行為でした)。 ロスタイム市川選手がマリッチ選手を倒してしまいイエローカード。 試合はその直後に終了し敗戦しました。
残念ながら優勝を手にすることは出来ませんでした。 この悔しさをバネに2006シーズンは1つでも上の順位を狙えるチームを作っていただきたい と思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

|

« 謹賀新年 | トップページ | 第84回全国高校サッカー選手権大会2回戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/7946717

この記事へのトラックバック一覧です: 第85回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝:

» 平松の退場で勝負ありだな! [クレオの今日の出来事]
J's GOAL :試合後の長谷川健太監督会見コメント今日は元旦、そして天皇杯の決勝です。決勝戦のカードはエスパルス対レッズ@国立競技場。地元国立での大一番だったのに、チケットを入手できず、やむなくNHK観戦。結果は、残念ながら1−2でエスパ惜敗。でも、正月にエス...... [続きを読む]

受信: 2006.01.01 20:42

« 謹賀新年 | トップページ | 第84回全国高校サッカー選手権大会2回戦 »