« 仙台カップ国際ユースサッカー大会2005U-18東北代表戦 | トップページ | 兵働選手プロA契約締結 »

2005.09.21

FIFA U-17世界選手権グループリーグ第2試合トピック

9月19日~20日にグループリーグ第2試合が行われました。
グループAでは中国が頭一つ抜け出し、敗戦した開催国のペルーが勝点1で現時点で最下位となり グループリーグ敗退の可能性が出てきました。
グループBではメキシコとトルコが2連勝で1試合を残してグループリーグ突破を決めました。
グループCではアメリカがイタリアに勝利しグループリーグ突破を決め、残り1枠を 最終戦でイタリアと北朝鮮が直接対決で争うことになりました。
グループDでは前節ブラジルを破ったガンビアが2連勝(勝点6)でグループリーグ突破に向けて かなり優位に立ちましたが、最終戦でオランダ(勝点3)と対戦するのでこのグループはガンビア、 オランダ、ブラジル(勝点3)の3チームによる争いになりました。 このグループはガンビアの動向も気になりますが、ブラジルがグループリーグを突破するかが 一番気になります。
アジア勢では中国がペルーに勝利、北朝鮮がコートジボワールに勝利、 カタールがガンビアに敗戦という結果でした。
(試合結果はFIFAホームページより)

|

« 仙台カップ国際ユースサッカー大会2005U-18東北代表戦 | トップページ | 兵働選手プロA契約締結 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/6048614

この記事へのトラックバック一覧です: FIFA U-17世界選手権グループリーグ第2試合トピック:

« 仙台カップ国際ユースサッカー大会2005U-18東北代表戦 | トップページ | 兵働選手プロA契約締結 »