« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005.08.31

鈴木選手全治3ヶ月

8月27日に行われたサテライトの練習試合で負傷した鈴木真司選手の診断結果について、 オフィシャルから右足第5中足骨疲労骨折で全治3ヶ月との発表がありました。
本日手術が行われた模様です。焦らず治療に専念し、早期復帰することを祈りたいと 思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

天皇杯47都道府県代表決定

第85回天皇杯全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表全て決定 大阪府代表はアイン食品に決まる(05/8/30)
日本サッカー協会
昨日(8月30日)、天皇杯47都道府県代表が全て決定しました。
静岡県代表の浜松大学は2回戦からの登場で、アローズ北陸(富山県)と関西大学(大学)の 勝者と9月19日に対戦します。
エスパルスを含むJ1チームの登場は11月3日の4回戦からで、組合せは3回戦終了後に 発表されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.30

オフサイドルール一部改正は次節より適用

2005年競技規則の改正「オフサイドの適用に関する新たな指示」
Jリーグオフィシャルウェブサイト
既にメディアでも報道されたオフサイドの競技規則の一部改正がJ1は次節(第22節)から 適用されることが発表されました。詳しくはJリーグオフィシャルの通達を呼んでいただくとして 主な変更点は、
(1)オフサイドポジションの選手がボールに触れるまでオフサイドの判定がされなかった点 を改め、オンサイドポジションからボールをプレーしようとする選手がいない場合はオフサイド の選手がボールに触る前にオフサイドとなる。
(2)オフサイドポジションの選手がボールに触れようとして相手選手と接触する可能性が ある場合はボールに触れなくてもオフサイドとする。
の2点です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森岡選手3試合出場停止

J1 第21節 試合終了後の森岡 隆三選手(清水)の行為について
Jリーグオフィシャルウェブサイト
本日(8月30日)、森岡選手にリーグ戦3試合出場停止の処分が科されました。
大宮戦終了後にスタジアム内の壁を蹴って破損させたとのことです。 この事件のことは何も聞いていなかったので、いきなりの発表で驚きました。 心情は分かりますが、敗戦したチームを鼓舞する立場の選手の行動として許される行動では ありません。猛省を促すと共に、自分が今後とるべき行動を考えていただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

U-16日本代表メンバー発表

U-16日本代表チーム ドイツ遠征(9/11~20)メンバー(05/8/29)
日本サッカー協会
昨日(8月29日)、ドイツに遠征するU-16日本代表メンバー18名の発表がありました。
尚、エスパルスユースからの選出はありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.29

Jユースサハラカップ2005予選リーグ第2節甲府戦

ヴァンフォーレ甲府ユース0-5清水エスパルスユース
得点者:
(甲府)-
(清水)石垣2、桑原卓、八木、佐野克
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
昨日(8月28日)行われたJユースサハラカップの予選リーグ第2節はヴァンフォーレ甲府ユースに 勝利しました。
前節から1ヶ月間隔が空き、その間に行われた日本クラブユースサッカー選手権(U-18)はベスト8の 成績でした。高円宮杯出場は残念ながら逃してしまい、今年残った大会はJユースカップのみと なりましたので、より上を目指して頑張っていただきたいと思います。
Jユースカップ/Jリーグユース選手権大会とは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.28

2005年J1第21節大宮アルディージャ戦

大宮アルディージャ3-2清水エスパルス
得点者:
(大宮)トニーニョ、トゥット、久永
(清水)佐藤、兵働
エスパルスはスタメンの2列目を前節から総入れ替えし、兵働選手、久保山選手、佐藤選手 で組み、DFには出場停止が解けた斉藤選手が戻りました。 また、前節途中出場のマルキーニョス選手、怪我から復帰した杉山選手がベンチメンバーとして 登録されました。
前半、5分エスパルスのFK、トリックプレーで抜け出した佐藤選手からのクロスを高木和選手が ヘッドで合わすがゴールを外れる。 10分左サイドでのスローインを曺宰溱(チョ ジェジン、以降チョと省略)選手がポスト で落とし久保山選手がシュート、ディフェンスに当たり跳ね返ったボールを佐藤選手が 決め先制。 19分高木和選手が中央フリーでボールを受けディフェンス1人をかわしてミドルシュートを 撃つがこれは浮かしてしまう。 22分大宮トニーニョ選手の強烈なミドルシュートはゴール左に外れる。 29分大宮片岡選手から斉藤選手に交代。 38分斉藤選手が大宮森田選手と接触して痛むが大事には至らず。 43分市川選手のクロスをチョ選手がヘッドで落としたボールを兵働選手が決める。 終盤かなり大宮の時間が続いていた試合展開で兵働選手の記念すべき初ゴールが生まれ、 前半を2点リードして終了しました。
後半、3分大宮トニーニョ選手の意表をつくミドルシュートが決まる。 5分森岡選手がペナルティエリアで森田選手を倒してイエローカード、これで得たPKを トゥット選手が決めて同点に追いつかれる。 失点の動揺が有ったかもしれませんが森岡選手らしくないプレーでした。 10分大宮冨田選手が高木和選手を倒してイエローカード。 14分大宮ディビッドソン選手が兵働選手を倒してイエローカード。 15分久保山選手からマルキーニョス選手に交代。 27分佐藤選手から杉山選手に交代。 29分大宮の攻撃、エスパルスゴール前でのボールキープから右サイドからフリーで進入した 久永選手にラストパスが渡り、西部選手のニアを抜くシュートを決められ逆転を許す。 35分伊東選手から高木純選手に交代。 42分大宮藤本選手から横山選手に交代。 試合はそのまま終了し敗戦しました。
決勝点となった久永選手のシュートは止められなかったかもしれませんが、マークが誰も付いて おらず進入を許したのが気になりました。 まだ辛うじて降格圏外にいますので、ここで気持ちを切らさず戦ってほしいと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2005.08.26

パソコン復活しました

ハードディスクを交換してパソコンが復活しました。(^ ^)
それにしても夏前にシステムのフルバックアップを取っておいて助かりました。 一からソフトをインストールしていたら復旧までどれだけかかったか分かりません。 必要なファイルは定期的にバックアップしていたのですが、やはり面倒でもフルバックアップは 気が付いた時に取っておくべきですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年J1第20節東京ヴェルディ1969戦

清水エスパルス1-2東京ヴェルディ1969
得点者:
(清水)マルキーニョス
(東京)平本、町田
エスパルスは出場停止が解けた曺宰溱(チョ ジェジン、以降チョと省略)選手が戻り、 逆に出場停止で抜けた斉藤選手のポジションにボランチの高木和選手が1列下がり、 空いたボランチに岩下選手が入りました。そして、攻撃的なポジションとして右サイドに高木純 選手、トップ下に澤登選手がスタメンに入りました。 また、前節は出場機会が無かったマルキーニョス選手、怪我から復帰した北嶋選手、 新人の兵働選手がベンチメンバーとして登録されました。
前半、26分高木純選手の右サイドからのクロスにチョ選手がヘッドで合わすがゴールの左に 外れる。 35分澤登選手がポストになり裏のスペースにスルーパス、走り込んだ崔兌旭(チェ テウク、 以降チェと省略)選手がフリーでシュートするが枠に飛ばすことが出来ず。 39分市川選手がペナルティエリアの直ぐ手前でジウ選手を倒してしまいイエローカード。 これで得たFKを小林大選手が直接ゴールを狙い、壁にボールが当たりコースが変わるが西部選手 が辛うじて弾く。しかし、クリアが小さくなり、こぼれ球を詰めた平本選手に決められ東京先制。 前半は1点のビハインドで終了しました。 ミスから攻撃が仕掛け段階で失敗してしまう場面が多く見られ、ほとんど有効な攻めが 出来ませんでした。 また、中盤のチェックも甘く、人に付いてはいるもののボールを積極的に奪う、若しくは、 チェックしてディレイさせるという姿勢が少し足りない印象を受けました。
後半、0分チェ選手から佐藤選手、岩下選手からマルキーニョス選手に交代。 7分佐藤選手の右サイドからのクロスを東京DFがあわやオウンゴールになりそうなクリアミス をするがGK高木義選手のセーブで得点ならず。 11分直接FKをゴール前のチョ選手が高い打点で合わすが、またもGKの好セーブに阻まれ ゴールならず。 27分東京小林慶選手から玉乃選手、平野選手から柳沢選手に交代。 29分後半の選手交代の際にボランチにポジションを替えた澤登選手が足をつった様子で 兵働選手に交代。 29分自陣からのロングフィードを受けたチョ選手がディフェンスを引き連れてキープしながら ペナルティエリア付近まで持ち込みマルキーニョス選手にパス、これをゴールに流し込み 同点に追いつく。 31分佐藤選手にイエローカード。 33分高木純選手にイエローカード。 36分東京平本選手から町田選手に交代。 43分東京の攻撃、ペナルティエリア付近でのパス回しから町田選手のマークを外してフリーで 抜け出されゴールを決められ再度リードを許す。 町田選手がユニフォームを脱いだままプレーしイエローカード。 ロスタイム東京柳沢選手にイエローカード。 試合はそのまま終了し敗戦しました。
一度は追いつきましたが、後半終了間際の失点で悔しい敗戦を喫しました。 終盤、前がかりになりロングボールを前線に放り込むだけの単調な攻撃になり、簡単にカットされて 反撃されるパターンが続いていた、いやな流れの中での失点でした。 タイムアップ直前に勝点を失う試合が続いており、得点を取りたい気持ちは分かりますが、 まずは失点をしないということを考えて攻めあぐねた場合にはボールキープして落ち着かせるなど、 もう少し攻撃を工夫する必要がある様な気がします。
最後に新加入のマルキーニョス選手のゴールは大変嬉しかったです。 まだ、他の選手とポジションが重なるなど連携がとれない面もありましたが、 今後、連携を深めていけば攻撃力がアップしそうな予感がしました。 フィジカル的に90分フル出場するのはまだ難しいかもしれませんが、スタメンで投入し、 やれる所までやらせてほしいと思わせる選手であることは間違いなさそうです。 リーグ戦初出場の兵働選手も短い時間でしたが光るものを少し見せてくれました。 チーム事情でDFポジションの要員になってますが、やはり前目で起用しないと 勿体無い気がします。
いやな敗戦でしたが少し光明も見えた試合でした。 残り14試合、前を向いて頑張ってほしいと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2005.08.23

パソコンが壊れました

パソコンのハードディスクが恐らくこの暑さでやられました。(^ ^;
病気なんで冷房がつけられず、毎日36度位の部屋で人間もぐったりしてましたが、 パソコンも参ってしまったようです。 とりあえず現在昔のパソコンで書いてますが、しばらくの間更新間隔が 空きそうです。 コメント、トラックバックの返事も遅れるかもしれませんがご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.21

北海道国際ユースサッカー大会順位決定戦

北海道国際ユースサッカー大会(05/8/21)
日本サッカー協会
本日(8月21日)、U-16日本代表が参加した北海道国際ユースサッカー大会の順位決定戦が 行われ、グループB1位のコリンチャンスU-16と対戦したグループA1位のU-16日本代表が 勝利し優勝しました。おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005SBSカップ国際ユースサッカー第3日

U-18日本代表1-2U-18アルゼンチン代表
得点者:
(日本)柏木
(アル)ビアンチ、サーラテ
本日(8月21日)、2005SBSカップ国際ユースサッカーの第3戦が行われ、U-18日本代表 が優勝をかけてU-18アルゼンチン代表と対戦しました。
前半、5分秋元選手からのゴールキックをハーフナー選手がヘッドで繋ぎ、柏木選手がドライブ がかかったミドルシュートを決め日本先制。 18分アルゼンチンのCK、GKがパンチングでクリアに行くがディフェンス、相手選手と交錯し こぼれたボールをシュートされる、一旦はゴールライン上でディフェンスが押さえるがクリアが 中途半端なゴロのボールになり詰めたビアンチ選手にゴールされ同点に追いつかれる。 34分福元選手が相手選手を押さえてしまいイエローカード。
後半、6分柳澤選手がドリブルでペナルティエリアまで持ち込んだ所を倒されPK、柳澤選手が 自ら蹴るがふかしてしまいゴールならず。 13分アルゼンチン2人選手交代、FWサーラテ選手をいよいよ投入。 25分日本のディフェンスとボランチの連携ミスからボールをカットされ、ボールがサーラテ選手 に渡りディフェンスがかわされゴールを決められアルゼンチンが逆転。 28分河原選手から森野選手、ハーフナー選手から長谷川悠選手に交代。 30分アルゼンチンFWを下げて中盤のデュル選手を投入。 31分槙野選手から長谷川アーリア選手に交代、青山選手が1列下がりCBに。 36分内田選手から森重選手に交代し、3バック3トップに変更。 38分過ぎ頃からアルゼンチンが選手交代等で時間稼ぎを図りだす。 試合はそのまま終了し日本は敗戦しました。
最終戦を落とし日本は準優勝で大会を終了しました。 ミスから逆転を許し敗戦してしまいましたが、それ以外では福元選手を中心としたディフェンスは アルゼンチンの攻撃を良く防いでいたので、国際大会では一瞬のミスも許されないことが身をもって 体験できたと思います。 今後、9月の仙台カップでブラジル、クロアチアなどとの実戦テストを経由して 11月のAFC U-20選手権大会2006予選に臨みますが、攻撃面も含めてどこまでレベルアップ 出来るか注目したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会決勝トーナメント決勝

adidas CUP 2005 第20回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会:試合結果
日本クラブユースサッカー連盟
本日(8月21日)、日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会決勝トーナメント 決勝が行われ、浦和が勝利し、優勝しました。おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道国際ユースサッカー大会予選リーグコンサドーレ札幌U-16戦

2005北海道国際ユースサッカー大会 3日目結果
北海道サッカー協会
昨日(8月20日)、U-16日本代表が参加した北海道国際ユースサッカー大会予選リーグの第2戦 コンサドーレ札幌U-16戦が行われ勝利しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユニバーシアード競技大会決勝

Men's Gold Medal - Match 48 (ITA-JPN)
UNIVERSIADE 2005 IZMIR
昨日(8月20日)、ユニバーシアード競技大会の決勝イタリア戦が行われ、 日本がPK戦の末、勝利し、優勝しました。おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.20

2005年J1第19節セレッソ大阪戦

セレッソ大阪1-1清水エスパルス
得点者:
(大阪)古橋
(清水)チェ
エスパルスはスタメンに出場停止の曺宰溱(チョ ジェジン)選手に代わり西野選手、 山本真希選手に代わり佐藤選手が入りました。 また、先日加入したマルキーニョス選手がベンチメンバーとして登録されました。
前半、17分セレッソ前田選手にイエローカード。 18分佐藤選手にイエローカード。 25分右サイドからのクロスをファーサイドの崔兌旭(チェ テウク、以降チェと省略)選手 がヘッドでゴールに押し込みエスパルス先制。 前半はエスパルスが1点リードして終了しました。
後半、1分斉藤選手にイエローカード(累積4枚目)。 19分セレッソ森島選手から徳重選手に交代。 25分セレッソ酒本選手から廣山選手に交代。 25分佐藤選手から高木純選手に交代。 35分久保山選手から岩下選手に交代。 41分セレッソ苔口選手から山崎選手に交代。 ロスタイムセカンドボールを拾われクロスからセレッソ古橋選手にヘディングシュートを 決められる。 ロスタイム西野選手から澤登選手に交代。 試合はタイムアップ直前の失点で追いつかれ引き分けで終了しました。
今日はアウェーで勝点1を得たというより、勝点2を失ってしまったゲームでした。 次節は曺宰溱(チョ ジェジン)選手は復帰しますが、斉藤選手が警告累積で出場停止に なります。 苦しい展開が続きますが何とか次節ホームで悪い流れを断ち切ってくれることを 期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会決勝トーナメント準決勝

adidas CUP 2005 第20回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会:試合結果
日本クラブユースサッカー連盟
本日(8月20日)、日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会決勝トーナメント 準決勝が行われ、横浜と浦和が勝利し、明日の決勝に進出しました。
連日暑い日が続き選手も疲労が蓄積していると思いますが、両チームともコンディションに 気をつけ決勝に望んでほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.19

2005SBSカップ国際ユースサッカー第2日

2005 SBSカップ 国際ユースサッカー(05/8/19)
日本サッカー協会
本日(8月19日)、2005SBSカップ国際ユースサッカーに参加したU-18日本代表の第2戦が 行われ、静岡ユースに勝利しました。

【追加】2005.08.20
県選抜が日本から2点/ユースサッカー
日刊スポーツ静岡版
静岡ユースで出場したエスパルスユース選手の記事がありましたので追記します。 静岡ユースの2点目は佐野克選手のシュートがオウンゴールを誘った様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道国際ユースサッカー大会予選リーグソウル特別市U-16選抜戦

北海道国際ユースサッカー大会(05/8/19)
日本サッカー協会
本日(8月19日)、U-16日本代表が参加した北海道国際ユースサッカー大会予選リーグの初戦 ソウル特別市U-16選抜戦が行われ勝利しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会決勝トーナメント準々決勝2

adidas CUP 2005 第20回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会:試合結果
日本クラブユースサッカー連盟
本日(8月19日)、日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会決勝トーナメント 準々決勝の延期分1試合(ヴェルディ-C大阪戦)が行われ、 ヴェルディが勝利し明日の準決勝に進出しました。
この結果、明日の準決勝は横浜-ヴェルディ、浦和-神戸という組合せになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユニバーシアード競技大会準決勝

【ユニバ】準決勝 対モロッコ戦結果、メンバー詳細
College Soccer Central
昨日(8月18日)、ユニバーシアード競技大会の準決勝モロッコ戦が行われ 勝利しました。 遂に日本が決勝に進出しました。明日の決勝戦の対戦相手はイタリアとのことです。
藤本選手が全得点を上げる活躍をした様です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.08.18

2005SBSカップ国際ユースサッカー第1日

2005 SBSカップ 国際ユースサッカー(05/8/18)
日本サッカー協会
本日(8月18日)、2005SBSカップ国際ユースサッカーの初戦が行われ、 U-18日本代表はU-18セネガル代表に勝利しました。
また、エスパルスから3選手が選出された静岡ユースはU-18アルゼンチン代表に 敗戦した模様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会決勝トーナメント準々決勝

adidas CUP 2005 第20回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会:試合結果
日本クラブユースサッカー連盟
本日(8月18日)、日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会決勝トーナメント 1回戦延期分1試合(ヴェルディ-札幌戦)と準々決勝3試合が行われました。
1回戦ヴェルディ-札幌戦はヴェルディが勝利し、明日の準々決勝でC大阪とベスト4を賭けて 対戦します。 準々決勝3試合は横浜、浦和、神戸が勝利しベスト4進出を決めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.17

日本代表対イラン代表

日本代表2-1イラン代表
得点者:
(日本)加地、大黒
(イラン)ダエイ(PK)
前半、12分から玉田選手、大黒選手が立て続けに決定機を迎えるがシュートはGKミルザプール 選手の好セーブでゴールならず。 19分6ネコーナム選手が玉田選手を倒してイエローカード。 28分小笠原選手のパスを受けた玉田選手が突破を仕掛け、左サイドゴールライン付近から ゴール前にグラウンダーのクロスを入れ、大黒選手がGKを引き付けて潰れファーサイド まで流れたボールを加地選手が押し込み日本先制。 44分イランのシュートのこぼれ球がダエイ選手に渡り、コントロールしたシュートを撃たれるが ボールは右ポストに当たり助かる。 終盤、イランに押される場面もありましたが日本が1点リードして前半を終了しました。
後半、0分25ボルハニ選手から23モバリ選手、17ジャバリコルドゲシュラギ選手から 7カゼミアン選手に交代。 12分遅延行為で加地選手にイエローカード。 28分11ニクバフト選手から28モニエイ選手に交代。 31分日本のCK、大黒選手のヘディングシュートをゴールライン上のDFが弾くが、ボールが GKに当たりゴールを割り日本が追加点を上げる(オウンゴールかDFが弾いた時点でゴール ラインを割っていたか微妙なゴールでした)。 33分中澤選手がペナルティエリア内でダエイ選手を倒しイエローカード、これで得た PKをダエイ選手が自分で決める。 38分遠藤選手から今野選手に交代。 44分4ゴルモハマディ選手にイエローカード。 44分玉田選手から阿部選手に交代。 試合はそのまま終了し日本が勝利しました。
今日の勝利で日本はB組首位で最終予選を終了しました。 次のイベントは今年12月の1次リーグ組合せ抽選会ですが、 どの様なグループに入るか今から楽しみになってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会決勝トーナメント1回戦

adidas CUP 2005 第20回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会:試合結果
日本クラブユースサッカー連盟
本日(8月17日)、日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会決勝トーナメント1回戦が行われ、 ベスト8の内7チーム(ヴェルディ-札幌戦は明日に延期)が決定しました。
エスパルスジュニアユースが対戦したG大阪と浦和は明暗が分かれ、 G大阪は横浜に敗戦し、浦和はPK戦の末に柏を振り切りました。 それにしてもこの夏に行われた全てのカテゴリの大会で成績を上げている横浜というチームの 育成能力の高さに改めて驚嘆させられました。
今大会では残念ながらグループリーグで敗退してしまったエスパルスジュニアユースは 9月の高円宮杯静岡県予選(スルガカップ)の準備をしていると思いますが、レベルアップを 図り、ぜひまた全国に出場して活躍することを期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユニバーシアード競技大会準々決勝

【ユニバ】準々決勝・試合結果詳報
College Soccer Central
昨日(8月16日)、ユニバーシアード競技大会の準々決勝ウルグアイ戦が行われ 勝利しました。準決勝は明日行われ、対戦相手はモロッコになりました。
藤本選手はスタメンでフル出場した様です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.08.15

日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会グループリーグ第3日浦和戦

清水エスパルスジュニアユース1-4浦和レッドダイヤモンズジュニアユース
得点者:
(清水)柴原
(浦和)岸、藤田、田仲、田仲
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
adidas CUP 2005 第20回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会:試合結果
日本クラブユースサッカー連盟
本日(8月15日)行われた日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会グループリーグ第3日は 浦和レッドダイヤモンズジュニアユースと対戦し、敗戦しました。
この結果、グループリーグ突破は残念ながら成りませんでした。 選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U-18日本代表選手入れ替え

U-18日本代表(2005 SBSカップ 国際ユースサッカー)選手入れ替え(05/8/15)
日本サッカー協会
本日(8月15日)、2005 SBSカップ 国際ユースサッカーに出場するU-18日本代表の メンバー入れ替えの発表がありました。
エスパルスユースから選出された山本真希選手がチーム事情により代表から離脱しました。 現状のチーム事情からすると予想された事態ですが、少し残念な気もします。 今後はリーグ戦で活躍することを期待すると共に、チームも山本選手を代表に送り出せる様に 成績を上げることを期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国民体育大会第26回東海ブロック大会サッカー競技少年男子第3代表決定戦

少年男子ラスト切符/国体サッカー
日刊スポーツ静岡版
昨日(8月14日)、国体東海ブロック少年男子の第3代表決定戦が行われ静岡県選抜は 三重県選抜に勝利しました。
この結果、最後の枠を獲得しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユニバーシアード競技大会予選Bグループロシア戦

【ユニバ】ユニバーシアード・イズミル大会グループリーグB組最終日結果
College Soccer Central
昨日(8月14日)、ユニバーシアード競技大会予選Bグループの最終戦ロシア戦が行われ 勝利し、日本はこの結果Bグループ1位となり明日の準々決勝ではCグループ2位のチームと対戦する ことになりました。
尚、藤本選手は日本が既にベスト8を決めていた為か出場はしなかった模様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊田国際ユースサッカー大会順位決定戦

第6回 豊田国際ユースサッカー大会 試合結果
豊田国際ユースサッカー大会事務局
昨日(8月14日)、U-16日本代表が参加した豊田国際ユースサッカー大会の順位決定戦(優勝決定 戦)U-16アメリカ代表戦が行われ敗戦しました。
これでU-16日本代表は2位で大会を終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.14

2005年Jリーグヤマザキナビスコカップ準々決勝2ndレグ浦和戦

浦和レッドダイヤモンズ1-0清水エスパルス
得点者:
(浦和)長谷部
(清水)-
エスパルスは前回のスタメンから岩下選手を伊東選手に代えて試合に臨みました。 また、サブには兵働選手が入りました。
前半、17分曺宰溱(チョ ジェジン、以降チョと省略)選手にイエローカード。 32分チョ選手が遅延行為で本日2枚目のイエローカードを受け退場。 35分森岡選手にイエローカード。 前半で1人少なくなりかなり厳しい状況になってしまいましたが、後半も粘り強い試合を 期待したいと思います。
後半、7分山本真希選手から高木純選手に交代。 16分久保山選手から澤登選手に交代。 23分浦和鈴木選手にイエローカード。 26分浦和マリッチ選手から永井選手に交代。 32分浦和ポンテ選手から酒井選手に交代。 36分山西選手から西野選手に交代。 43分浦和長谷部選手にゴールを決められる。 試合はそのまま終了し敗戦しました。
今日の敗戦でナビスコカップは準々決勝で敗退となってしまいました。 浦和戦3連敗は正直厳しい結果ですが、1週間後にはリーグ戦が再開します。 現状の戦力(マルキーニョス選手という新戦力が加入しましたが実戦で活躍できるかどうかは まだ未知数です)で攻撃・守備の課題をどの様に解決するのか、長谷川監督の今後の采配に 注目したいと思います。そして選手には落ち込まず前を向いて1日でも早く勝利を手にする ことを期待します(最終的に試合で勝つのは選手なのですから)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会グループリーグ第2日福岡戦

清水エスパルスジュニアユース1-1アビスパ福岡U-15
得点者:
(清水)前田
(福岡)原田
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-

adidas CUP 2005 第20回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会:試合結果
日本クラブユースサッカー連盟
本日(8月14日)行われた日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会グループリーグ第2日は アビスパ福岡U-15と対戦し、引き分けました。
Cグループは本日の対戦で浦和(勝点4、得失点差+5)、G大阪(勝点4、得失点差+2)、 清水(勝点1、得失点差-2)、福岡(勝点1、得失点差-5)となりました。 明日の最終戦(浦和戦)で4点差以上での勝利がグループリーグ突破条件となり、 相当厳しい状況ですが健闘を期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国民体育大会第26回東海ブロック大会サッカー競技少年男子愛知県選抜戦

少年男子惜敗/国体サッカー
日刊スポーツ静岡版
昨日(8月13日)、国体東海ブロック少年男子の代表(出場枠3)を決める試合が行われ静岡県選抜は 愛知県選抜に敗戦しました。
本日の第3代表決定戦で勝利すれば最後の枠を獲得できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.13

豊田国際ユースサッカー大会予選リーグU-16メキシコ代表戦

第6回 豊田国際ユースサッカー大会 試合結果
豊田国際ユースサッカー大会事務局
本日(8月13日)、U-16日本代表が参加した豊田国際ユースサッカー大会予選リーグの第2戦 U-16メキシコ代表戦が行われ勝利しました。
これで2勝の日本はAグループの1位となり、明日の順位決定戦(優勝決定戦)でBグループ1位の U-16アメリカ代表と優勝をかけて争います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会グループリーグ第1日G大阪戦

清水エスパルスジュニアユース2-4ガンバ大阪ジュニアユース
得点者:
(清水)吉川、望月卓
(大阪)鎌苅、宇佐美、有村、大塚
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
本日(8月13日)行われた日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会グループリーグ第1日は ガンバ大阪ジュニアユースと対戦し、敗戦しました。
エスパルスジュニアユースが組み込まれたCグループは大会前から最も激戦が予想されるグループに なりました。初戦は厳しい結果になってしまいましたが、2位までにグループリーグ通過の権利が ありますので残り2戦での巻き返しを期待したいと思います。
日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会とは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第29回全日本少年サッカー大会決勝

決勝トーナメント 決勝
全日本少年サッカー大会オフィシャル
本日(8月13日)、全日本少年サッカー大会決勝が行われ、 横浜F・マリノス プライマリーが勝利し、優勝しました。 おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.12

ユニバーシアード競技大会予選Bグループアイルランド戦

Football 12-August
UNIVERSIADE 2005 IZMIR
本日(8月12日)、ユニバーシアード競技大会予選Bグループの第2戦アイルランド戦が行われ 勝利しました。
日本代表はディフェンスがアイルランドに得点を許さず、僅差での勝利でした。 藤本選手がこの試合でもゴールを上げています。
予選最終戦はアイルランドを6-1で倒したロシアが相手です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

第29回全日本少年サッカー大会準決勝

決勝トーナメント 準決勝
全日本少年サッカー大会オフィシャル
本日(8月12日)、全日本少年サッカー大会準決勝が行われ、清水FCは敗戦しました。
この試合をテレビでダイジェスト版を放送していたので見てみました。 前半1分失点するものの、CKから風間選手が決めて前半で同点に追いつきます。 しかし、後半終了間際の19分にパスをインターセプトされてカウンターを受け ゴールを許し再びリードされます。 清水FCはその後多彩な攻めで同点を目指しますが、最後までゴールを上げることが出来ず タイムアップを迎え、準決勝で敗退となりました。
残念な結果になってしまいましたがサッカー人生はこれからですので、この経験を今後に生かして 良い選手になってほしいと思います。選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.11

豊田国際ユースサッカー大会予選リーグU-16ロシア代表戦

第6回 豊田国際ユースサッカー大会 試合結果
豊田国際ユースサッカー大会事務局
本日(8月11日)、U-16日本代表が参加した豊田国際ユースサッカー大会予選リーグの初戦 U-16ロシア代表戦が行われ勝利しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マルキーニョス選手加入

先程、オフィシャルホームページでFWマルキーニョス選手の加入決定の発表がありました。 契約期間は2005年8月11日~2006年1月1日とのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ユニバーシアード競技大会予選Bグループタイ戦

ユニバ 日本は男女とも白星発進
スポニチアネックス
【ユニバ】グループリーグ1日目結果速報
College Soccer Central
昨日(8月10日)、ユニバーシアード競技大会予選Bグループの初戦タイ戦が行われ 勝利しました。
三連覇を目指して順調なスタートを切りました。
藤本選手が2得点を上げる活躍をした様でこちらも嬉しいニュースでした。
【追加】2005.08.11
藤本芸術的ループ弾!日本救った/ユニバ
日刊スポーツ
藤本選手の記事がありましたので追記します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.10

第29回全日本少年サッカー大会準決勝組合せ

2次ラウンド速報
全日本少年サッカー大会オフィシャル
本日(8月10日)、全日本少年サッカー大会2次ラウンドが行われ、清水FCが決勝トーナメント 進出を決めました。
柏レイソルU-12との熾烈な争いを制し、得失点差で上回っての準決勝進出決定でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.08.09

曺宰溱(チョ ジェジン)選手韓国代表に選出

韓国代表25人、欧州組も招集
日刊スポーツ
曺宰溱(チョ ジェジン、以降チョと省略)選手が韓国代表に選出されました。
8月14日の南北統一サッカーと8月17日のワールドカップアジア最終予選が対象とのことで、 まだエスパルスのオフィシャルから発表はありませんが、2戦とも出場となるとナビスコカップの 2ndレグ浦和戦はチョ選手抜きでの戦いになりますので今後の発表に注目したいと思います。
【追加】2005.08.09
<サッカー>サウジ戦、海外組5人出撃…代表メンバー確定
中央日報
中央日報の記事によりますとチョ選手の韓国入国は8月15日となっていますので8月14日 は日本でプレー出来そうです。何れにしても正確な情報が分かりましたら追記したいと 思います。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

日本代表メンバー発表

2006FIFAワールドカップドイツ アジア地区最終予選(vsイラン代表戦8/17・横浜国際総合競技場)日本代表チームメンバーについて(05/8/9)
日本サッカー協会
本日(8月9日)、ワールドカップアジア最終予選のイラン戦に出場する日本代表メンバー23名の 発表がありました。
東アジアサッカー選手権大会のメンバーがそのまま選考されました。大会で負傷した田中達選手と 坪井選手も怪我の回復を期待して召集されましたが、前回の久保選手の件も含めて負傷者の選考 は理解に苦しみます。これでまた怪我を悪化させたら次のテストマッチにも召集できなくなる どころか、選手生命にも影響するということを少しは考えていただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.08.08

U-18日本代表メンバー発表

U-18日本代表チーム(2005 SBSカップ 国際ユースサッカー)メンバー(05/8/8)
日本サッカー協会
本日(8月8日)、2005 SBSカップ 国際ユースサッカーに出場するU-18日本代表の メンバー18名の発表がありました。
エスパルスユースからは山本真希選手が選出されました。 ただ、8月20日からJリーグが再開するためチーム事情で召集を見送る可能性もありますので 今後の動向に注目したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.07

東アジアサッカー選手権2005決勝大会韓国戦

日本代表1-0韓国代表
得点者:
(日本)中澤
(韓国)-
前半、11分日本ゴール前で韓国のFK、20イ・ドングク選手が直接ゴールを狙うが壁に当たる。 相当激しいコンタクトプレーで日本選手が何人か痛む場面も有ったが大事には至らず。 日本は攻撃がなかなかフィニッシュまで行きませんが後半はどうなるでしょうか。
後半、13分前半も痛んだ坪井選手がゴール前でのプレーで更に痛み中澤選手に交代。 23分本山選手から小笠原選手に交代。 24分8キム・ドヒョン選手から15キム・ジュンウー選手に交代。 25分2ユ・ギョンリョル選手にイエローカード。 28分16チョン・キュンホ選手から10パク・チュヨン選手に交代。 32分玉田選手から大黒選手に交代。 36分12ペク・チフン選手から19ホン・スンハク選手に交代。 41分小笠原選手のCKを中澤選手が足で押し込んでゴール。 日本は最後まで集中して守りきりタイムアップを迎えました。
日本が粘り強い守備から韓国にゴールを許さず、終盤の1点で勝利を手にし、 この勝利で最終的に日本は2位で大会を終了しました。 おめでとうございますとは言えない結果かもしれませんが、今回の大会で新たに召集され 良いプレーをした選手を今後ぜひまた代表に召集し、固定された感のある日本代表の 活性化にぜひ生かす意義をこの大会から見出し今後の代表メンバー選考に生かしてくれることを 期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.08.06

2005年Jリーグヤマザキナビスコカップ準々決勝1stレグ浦和戦

清水エスパルス0-1浦和レッドダイヤモンズ
得点者:
(清水)-
(浦和)長谷部
エスパルスはスタメンに岩下選手、山本真希選手が入った他、4日の東アジアサッカー選手権で 韓国代表としてプレーした崔兌旭(チェ テウク、以降チェと省略)選手が名前を連ねました。 また、サブにも岡崎選手が入るなど随分フレッシュなベンチメンバーを組んできました。
前半、33分浦和堀之内選手にイエローカード。 35分浦和長谷部選手にゴールを決められ浦和が先制。 ロスタイム市川選手にイエローカード。 前半は1点のビハインドで終了しました。
後半、0分チェ選手から高木純選手に交代。 10分浦和田中闘選手にイエローカード。 14分浦和横山選手から岡野選手に交代。 23分岩下選手から澤登選手に交代。 26分森岡選手にイエローカード。 32分久保山選手から岡崎選手に交代。 37分浦和酒井選手から細貝選手に交代。 44分浦和エスクデロ選手から西谷選手に交代。 試合はそのまま終了し敗戦しました。
ナビスコカップの準々決勝の勝敗は勝利数、2試合の得失点差、30分間の延長戦、PK戦と いう順番で決定されるので、2ndレグでは2点差以上の勝利が準決勝への最短距離になります。 次戦はアウェーでの戦いになりますが、ぜひ巻き返しを期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会決勝トーナメント決勝

adidas CUP 2005 第29回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会:試合結果
日本クラブユースサッカー連盟
本日(8月6日)行われた日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会決勝トーナメント決勝 でヴェルディユースが勝利し優勝を手にしました。
日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会とは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.05

マルキーニョス選手入団テスト

マルキーニョスが清水のテスト兼練習参加
日刊スポーツ静岡版
マルキーニョス選手が昨日(8月4日)入団テストを兼ねた練習に参加しました。
オーバーウェイトや昨年の怪我の状態など不安要素は有りますが、果たして契約まで 行くのか、今後の動向に注目したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会決勝トーナメント準決勝

adidas CUP 2005 第29回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会:試合結果
日本クラブユースサッカー連盟
本日(8月5日)行われた日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会決勝トーナメント準決勝 で横浜F・マリノスユースとヴェルディユースがそれぞれ勝利しました。
今年は8年振りに関東勢同士の決勝戦が実現しました。 横浜F・マリノスユースが優勝を手にするのか、それとも、エスパルスユースと激戦を演じた ヴェルディユースが優勝するのか興味深い対決になりました。
今後、横浜F・マリノスユースとはJユースカップで対戦しますのでヴェルディユースとの 対戦結果は1つの指標になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.04

東アジアサッカー選手権2005決勝大会韓国対北朝鮮戦雑感

試合は前半に韓国が15キム・ジョンウ選手(接触プレー)、29カク・ヒジュ選手(肉離れ?)の 2人を負傷で交代するという予想外の事態がありましたが、前半から韓国が積極的に攻撃を 仕掛け北朝鮮が身体を張ってはね返すという展開で終始しました。 後半も韓国ペースで試合が進むものの前半に相当とばしたため少し運動量が落ち、北朝鮮に カウンターからあわやゴールというピンチも招くようになり、試合はどちらに転ぶか分からない 展開になっていきましたが、結局0-0で引き分けとなりました。韓国は決定機を何度も演出 しましたがあと一歩及ばずゴールに結びつけることが出来ませんでした。
エスパルスから韓国代表に召集された崔兌旭(チェ テウク)選手は後半29分イ・チョンス選手と 交代し右サイドに入り、ドリブルから攻撃にアクセントを付けなかなか良い動きをしていましたが、 如何せんプレー時間が少なすぎました。今日はイ・チョンス選手も中国戦と比べて随分良い動きを していたのでチェ選手の出番はないかと思いましたが、終盤明らかに運動量が落ちたのでチェ選手 との交代になったような印象を受けました。
尚、優勝争いは今日の結果で日本の優勝が無くなり、残る3ヶ国が最終戦で優勝を賭けて戦うことに なりました。日本はモチベーションを保つのに苦労しそうですが最後は良い試合を見せていただきた いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.03

東アジアサッカー選手権2005決勝大会中国戦

日本代表2-2中国代表
得点者:
(日本)茂庭、田中達
(中国)リー・ジンユ、ジャン・ヨンハイ
前半、19分13シュー・ユンロン選手にイエローカード。 37分右サイドからのショートクロスを29リー・ジンユ選手にダイビングヘッドで決められ 中国先制。 41分駒野選手にイエローカード。 43分中国が左サイドで得たFK、ゴール前へのクロスを21ジャン・ヨンハイ選手にヘッドで 合わされゴール。 前半は中国が2点リードして終了しました。
後半、6分18ガオ・リン選手にイエローカード。 11分中国ゴール前で21ジャン・ヨンハイ選手が日本選手を倒してイエローカード。 13分これで得たFKを阿部選手が直接ゴールを狙い、GKがパンチングで弾くがクリアが 小さくなりボールに詰めた茂庭選手がゴールに押し込み1点差に追い上げる。 13分13シュー・ユンロン選手から10チェン・タオ選手に交代。 20分本山選手から玉田選手、巻選手から大黒選手に交代。 23分18ガオ・リン選手から6ジョウ・ハイビン選手に交代。 28分村井選手から三都主選手に交代。 30分三都主選手にイエローカード。 31分10チェン・タオ選手にイエローカード。 37分22リ・レイレイ選手にイエローカード。 40分29リー・ジンユ選手から3ハオ・ジュンミン選手に交代。 42分田中達選手が裏にスルーパスを入れようとし、DFに一旦弾かれたボールを再度拾いミドル シュートをゴールに叩き込み同点。 試合は同点でタイムアップを迎えました。
2点のビハインドから良く追いつきましたが、ロスタイム後ろでボールを回さず積極的に もう1点取りにいってほしかったというのが正直な気持ちです。 仮に逆転出来なくてもトライしないと得点はできないし、勝利も手に入らず、 これで優勝は限りなく遠くなってしまいました。 とにかく韓国戦では最後まで戦う姿勢を見たいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会決勝トーナメント準々決勝

清水エスパルスユース1-1、延長1-1、PK3-5ヴェルディユース
得点者:
(清水)町田、長沢
(ヴェルディ)征矢智、征矢貴
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
本日(8月3日)行われた日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会決勝トーナメント準々決勝 はヴェルディユースと対戦し、PK戦までもつれ込む接戦の末、惜しくも敗戦しました。
後半に退場者を出し、1人少ない展開で良く粘ってくれました。結果は残念ですが選手の皆さんの 健闘を称えたいと思います。本当にお疲れ様でした。
本日の結果で高円宮杯出場の可能性もなくなってしまいましたが、残るJユースカップでの 活躍を期待したいと思います。
尚、準決勝の組合せはG大阪-横浜、大宮-ヴェルディになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.02

日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会グループリーグ第3日札幌戦

清水エスパルスユース2-0コンサドーレ札幌ユースU-18
得点者:
(清水)高野、長沢
(札幌)-
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
本日(8月2日)行われた日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会グループリーグ第3日 はコンサドーレ札幌ユースU-18と対戦し、勝利しました。
この結果、エスパルスユースは2位の(1)位となりグループリーグ突破を決めました。 最終的に勝点7までのチームが決勝トーナメント進出となる厳しいグループリーグでしたが 良く突破してくれました。3年ぶりのタイトル獲得まであと3勝。ここまで来たらぜひ頂点を 目指して頑張ってほしいと思います。
明日の準々決勝の対戦相手は1位の(2)位ヴェルディユースです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東アジアサッカー選手権2005決勝大会韓国対中国戦雑感

前半5分のラフプレーで本当ならDF李瑋鋒(リ・イホウ)選手が退場になるはずが審判の ミスジャッジでFW郜林(ガオ・リン)選手が退場になりました。もし、ディフェンスの中心選手の 李選手がその時点で退場になっていたら中国にとっては相当苦しい戦いになっていた可能性が ありました。 試合後、規律委のビデオ判定で郜林(ガオ・リン)選手の退場は取り消され、李瑋鋒(リ・イホウ) 選手が後半の2枚目のイエローカードによる退場と合わせて結局2試合出場停止となり、日本戦も 含め残り試合での出場は無くなりました。 また、曹陽(ソウ・ヨウ)選手がペナルティエリアで相手選手を倒し退場になった場面もビデオでは 足に触っていない様に見えましたが、こちらの判定は覆りませんでした。 とにかく微妙な判定が目立った試合でした。
エスパルスから韓国代表に召集された崔兌旭(チェ テウク)選手は後半26分からイ・チョンス 選手に代わり出場し、右サイドのトップの位置に入りました。 しかし、チェ選手投入後の韓国の攻撃がほとんど左サイド中心だったのでボールタッチの機会は 全くと言ってよいほど無く、何故使わないのか不思議な感じを受けました。 ロスタイムに入って思い出したようにパスが渡るようになり少し見せ場がありましたが、 イ・チョンス選手が余り良いプレーをしていなかったのでもう少し早めに交代出場し プレーするところを見てみたかったと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »