« 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会決勝トーナメント決勝 | トップページ | 北海道国際ユースサッカー大会順位決定戦 »

2005.08.21

2005SBSカップ国際ユースサッカー第3日

U-18日本代表1-2U-18アルゼンチン代表
得点者:
(日本)柏木
(アル)ビアンチ、サーラテ
本日(8月21日)、2005SBSカップ国際ユースサッカーの第3戦が行われ、U-18日本代表 が優勝をかけてU-18アルゼンチン代表と対戦しました。
前半、5分秋元選手からのゴールキックをハーフナー選手がヘッドで繋ぎ、柏木選手がドライブ がかかったミドルシュートを決め日本先制。 18分アルゼンチンのCK、GKがパンチングでクリアに行くがディフェンス、相手選手と交錯し こぼれたボールをシュートされる、一旦はゴールライン上でディフェンスが押さえるがクリアが 中途半端なゴロのボールになり詰めたビアンチ選手にゴールされ同点に追いつかれる。 34分福元選手が相手選手を押さえてしまいイエローカード。
後半、6分柳澤選手がドリブルでペナルティエリアまで持ち込んだ所を倒されPK、柳澤選手が 自ら蹴るがふかしてしまいゴールならず。 13分アルゼンチン2人選手交代、FWサーラテ選手をいよいよ投入。 25分日本のディフェンスとボランチの連携ミスからボールをカットされ、ボールがサーラテ選手 に渡りディフェンスがかわされゴールを決められアルゼンチンが逆転。 28分河原選手から森野選手、ハーフナー選手から長谷川悠選手に交代。 30分アルゼンチンFWを下げて中盤のデュル選手を投入。 31分槙野選手から長谷川アーリア選手に交代、青山選手が1列下がりCBに。 36分内田選手から森重選手に交代し、3バック3トップに変更。 38分過ぎ頃からアルゼンチンが選手交代等で時間稼ぎを図りだす。 試合はそのまま終了し日本は敗戦しました。
最終戦を落とし日本は準優勝で大会を終了しました。 ミスから逆転を許し敗戦してしまいましたが、それ以外では福元選手を中心としたディフェンスは アルゼンチンの攻撃を良く防いでいたので、国際大会では一瞬のミスも許されないことが身をもって 体験できたと思います。 今後、9月の仙台カップでブラジル、クロアチアなどとの実戦テストを経由して 11月のAFC U-20選手権大会2006予選に臨みますが、攻撃面も含めてどこまでレベルアップ 出来るか注目したいと思います。

|

« 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会決勝トーナメント決勝 | トップページ | 北海道国際ユースサッカー大会順位決定戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/5569620

この記事へのトラックバック一覧です: 2005SBSカップ国際ユースサッカー第3日:

» 日本代表を見に行け!! [楽天deお買い物]
ドイツW杯の出場を一位通過で決めたサッカー日本代表。あとはドイツまで一直線だ!!・・・でもドイツまで行くお金も時間も無い!だったら、近場で日本代表を見るチャンスを逃すな!KIRINWORLDCHALLENGEキリンチャレンジカップ2005−Gofor2006!−日本代表vsホンジュラス...... [続きを読む]

受信: 2005.08.21 20:04

« 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会決勝トーナメント決勝 | トップページ | 北海道国際ユースサッカー大会順位決定戦 »