« 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会グループリーグ第1日神戸戦 | トップページ | 東アジアサッカー選手権2005決勝大会北朝鮮戦 »

2005.07.31

日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会グループリーグ第2日大宮戦

清水エスパルスユース2-2大宮アルディージャユース
得点者:
(清水)長沢2
(大宮)小山、渡部
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
本日(7月31日)行われた日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会グループリーグ第2日は 大宮アルディージャユースと対戦し、引き分けました。
1点ビハインドからロスタイムに長沢選手のゴールで引き分けに持ち込む劇的なゲームで 、勝点で大宮と首位(勝点4)に並びグループリーグ突破の可能性を残しました。
最終戦は勝利がグループリーグでまず2位以内を確保することに繋がります。 決勝トーナメント進出チーム決定方法は複雑で、グループリーグ1位と2位の各6チームを対象に、 それぞれ1位から6位までの順位をつけ、1位6チームと2位の上位2チームが決勝トーナメントに 進出します。順位付けは勝点、得失点差、総得点、抽選の順で行われますが、得失点差、総得点 の計算ではグループ最下位チームとの得点、失点が除外される大会規程から最下位チームがどこに なるかで得失点差、総得点も変わるため最終戦が終わるまで順位は確定しません。
何れにしてもグループリーグを突破するため最終戦での勝利は必須条件です。 札幌も勝点3でまだグループリーグ突破の可能性を残しているため最終戦は 相当厳しい戦いになるでしょうが、大宮戦の粘り強さを札幌戦でも発揮してほしいと思います。

|

« 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会グループリーグ第1日神戸戦 | トップページ | 東アジアサッカー選手権2005決勝大会北朝鮮戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/5242727

この記事へのトラックバック一覧です: 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会グループリーグ第2日大宮戦:

« 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会グループリーグ第1日神戸戦 | トップページ | 東アジアサッカー選手権2005決勝大会北朝鮮戦 »