« FIFAワールドユース選手権大会ベスト8 | トップページ | FIFAワールドユース選手権大会準々決勝1日目 »

2005.06.23

FIFAコンフェデレーションズカップグループリーグブラジル戦

日本代表2-2ブラジル代表
得点者:
(日本)中村、大黒
(ブラジル)ロビーニョ、ロナウジーニョ
前半、3分いきなり日本のゴールかと思われたが加地選手がオフサイドを取られノーゴール。 5分ゴール前アドリアーノ選手をフリーにしてしまい、シュートまで行くがサイドネットに 外れる。 9分GKのパスを自陣左サイドで受けたロナウジーニョ選手がディフェンス2人をかわして 一気にドリブルで日本のゴール前まで持ち込み、クロスオーバーの動きでマークを外した ロビーニョ選手が裏のスペースでパスを受け、これを冷静にゴールに流し込みブラジル先制。 2人だけで得点を取られてしまう。一瞬いやな考えが頭を過ぎる。 12分田中選手がシザースで抜こうとするロビーニョ選手を足で蹴って止めてしまい、ロビーニョ 選手が痛むがこれはノーファール。 13分小笠原選手がペナルティエリア直ぐ手前でカカ選手を倒しブラジルにFKを与える、 FKは壁に当たり、その後のシュートも外れ事なきを得る。ブラジルのスピードに日本の ディフェンスが対応出来ていない。 16分ロングフィードに反応したカカ選手がペナルティエリアでボールを受けシュート、 ボールはポストを叩き、跳ね返りを再度ロナウジーニョ選手がシュートするが川口選手が 僅かに触りゴール上に外れる。その後のCKはミスで救われる。 19分日本のカウンター、中田英選手のミドルシュートは浮いてしまう。 23分日本が左サイド深い位置でFKを得る、小笠原選手のFKを柳沢選手がヘッドで擦らして シュートするがクロスバーを叩き惜しくも得点ならず。 27分日本の素早いリスタート、パスを受けた中村選手がミドルシュート、ボールはマルコス選手 の指先をかすめて見事にゴールに決まり日本同点。 28分三都主選手が相手選手を倒してしまいイエローカード(累積2枚目)。 32分中央でボールを受けたカカ選手が左サイドのロビーニョ選手にパス、 ロビーニョ選手がペナルティエリア内にドリブルで持ち込み、中央に戻した所にロナウジーニョ 選手が走りこみシュート、川口選手が触るがゴールに吸い込まれブラジル再びリード。 35分中田英選手がぜ・ロベルト選手を倒すがそのままパスを繋がれシュートまで 持ち込まれる。シュートはゴール左に逸れノーゴール。プレーが止まった所で中田英選手に イエローカードが示される。 39分ブラジルが日本のエンドでパスを回し最後にカカ選手がフリーでシュートを撃つが ゴール右に僅かに外れる。 43分日本が自陣でパスを回している時にカットされアドリアーノ選手にシュートされるが 威力なく川口選手がキャッチ。 前半はそのまま終了しました。
終盤、1点リードのブラジルは得失点差でも日本を上回るため、日本に1点を許しても 次に進めるという考えからかそれ程積極的には攻撃しなくなる。しかし、時折鋭い攻撃を 仕掛けるため全く油断できない。 今更ながらブラジルの攻撃に入った時のスピード、テクニックの凄さを見せられた 前半でした。
後半、0分小笠原選手から中田浩選手、玉田選手から大黒選手に交代。 1分左サイドから大黒選手がドリブルでペナルティエリア内まで進入しディフェンスの裏の スペースにパス、柳沢選手がシュートを撃つがマルコス選手が身体を張ってブロック。 9分福西選手のスルーパスから大黒選手が裏のスペースに抜け出しゴール前へグラウンダーの クロス、これを中村選手がスライディングシュート、GKがファーサイドのケアのため ゴールを空けていたがDFが何とかゴールラインまで戻りクリア。惜しいチャンスでした。 10分加地選手がロナウジーニョ選手を押さえ込みイエローカード(累積2枚目)。 11分シシーニョ選手が遅延行為でイエローカード。 12分ワンツーでマークを外したカカ選手がシュート、DFに当たって裏のスペースに こぼれたボールをシシーニョ選手がシュートするが川口選手が僅かに足に当ててゴール右へ。 13分ゴール前の混戦から抜けたジュアン選手がシュート、川口選手が顔面でブロック。 一瞬ヒヤリとするプレーだったが川口選手はゲームに復帰。 16分アドリアーノ選手からジュリオ・バプティスタ選手、カカ選手からレナト選手に交代。 20分ゼ・ロベルト選手が中田英選手を倒してイエローカード。 ブラジルは点差を考えてか、積極的には攻撃を仕掛けず省エネモードに。 24分レナト選手のゴール前へのクロスは川口選手が相手FWの前に入りキャッチ。 27分自陣でボールを奪ったブラジル、ジュリオ・バプティスタ選手がドリブルで 日本ペナルティエリア内まで持ち込みシュート、川口選手が何とか止めゴールならず。 27分中村選手がディフェンスラインの裏のスペースにパス、反応した柳沢選手が 押し込もうとするが僅かに届かず。 28分柳沢選手から鈴木選手に交代。 29分右サイドから加地選手がゴール前の中村選手にパス、ためて後方から走りこんだ 福西選手がシュートを撃つが僅かにゴールを逸れる。 31分ピッチに観客が入ってしまい一時試合が中断。 33分ゼ・ロベルト選手からエドゥー選手に交代。 35分ロナウジーニョ選手が個人技でゴール前の狭いエリアで突破を図るが最後に田中選手が 対応し事なきを得る。 36分右サイドに展開したボールを受けたロビーニョ選手が宮本選手に手で押さえられながらも ペナルティエリア内まで進入しゴール前にグランダーのクロス、これは田中選手がCKに逃げる。 CKからルシオ選手にフリーでヘディングシュートを撃たれるがシュートミスで救われる。 40分左サイドからロビーニョ選手がドリブルで持ち込みDFを1人かわしてシュートを 撃つが左に外れる。 43分中田選手がゴール前で倒されFKを得る、中村選手のFKはポストを叩くが大黒選手が 詰めてボレーシュートを決め遂に日本が同点に追いつく。 ロスタイム日本の速攻、自陣からボールをパスで繋ぎ、右サイドから福西選手がクロス、 逆サイドでフリーの大黒選手がヘッドで押し込もうとするがGKに止められゴールならず。 日本の反撃も実らず引き分けで終了しました。
それにしてもブラジル相手に良く同点まで追いついてくれました。 勝点4でブラジルと並んだものの得失点差でグループリーグ敗退となりましたが、 ワールドカップ本番の戦いでも得点を上げられる時(今回はギリシャ戦)に上げておかないと後で 苦労することになるという教訓が改めて分かって良かったかもしれません。 ワールドカップの前年にこの様な良い予行演習が出来、改めてアジアカップを取っておいて 良かったなと思いました。

|

« FIFAワールドユース選手権大会ベスト8 | トップページ | FIFAワールドユース選手権大会準々決勝1日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/4674946

この記事へのトラックバック一覧です: FIFAコンフェデレーションズカップグループリーグブラジル戦:

» ブラジル戦 [メジャーを目指せ!]
日本2−2ブラジル ブラジル戦ですが、マンオブザマッチにに俊輔が選ばれましたが、まぁ〜、点とアシストをということでしょが無いかな。 ただまだパスだしとトラップに磨きをかけないとね。 点を決めたシュートは良かったけどね。 玉田はどうでしょうね。イマイチかと。 鈴木もそれは�... [続きを読む]

受信: 2005.06.23 17:24

« FIFAワールドユース選手権大会ベスト8 | トップページ | FIFAワールドユース選手権大会準々決勝1日目 »