« 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)東海大会決勝 | トップページ | 2005MBC国際ユーストーナメント »

2005.06.19

FIFAワールドユース選手権大会グループリーグオーストラリア戦

U-20日本代表1-1U-20オーストラリア代表
得点者:
(日本)前田
(豪州)タウンゼント
日本はベナン戦と同じスタメンでオーストラリア戦に臨みました。 フォーメーションはオーストラリアの3トップに対して中村選手を下げ気味に配置し4バック で対応している様です。
前半、6分ザドコビッチ選手が梶山選手を倒してイエローカード。 21分日本がオーストラリアゴール前でFKを得、兵藤選手が直接狙うがふかしてしまう。 24分オーストラリアのシュートは西川選手が片手1本で弾き出す。 32分相手の突破を手で止めてしまい家長選手にイエローカード。 前半は両チーム共得点なく終了しました。 日本は全体的に動きが重く、パスミスも多く、シュートもほとんど見られません。 ディフェンスもかなりルーズで再三ピンチを招きましたが西川選手の好セーブにかなり救われ ました。
後半、 2分家長選手が左サイドから良いクロスをゴール前に上げるが平山選手が惜しくも触れず シュートならず。 7分ウェスロウスキー選手が家長選手の突破を止めてしまいイエローカード。 10分ザドコビッチ選手からワード選手に交代。 日本はまだディフェンスが安定せずピンチもオーストラリアのミスで救われている。 13分家長選手から前田選手に交代。 19分ディレブスキ選手からサーキース選手に交代。 22分兵藤選手から水野選手に交代。 27分ムシアリク選手からセレスキー選手に交代。 29分オーストラリアのFK、日本ゴール前に上げたボールを西川選手がまさかのキャッチミス、 こぼれたボールをタウンゼント選手がゴールに流し込みオーストラリア先制。 30分ゴール正面で得たFKを水野選手が直接狙うがGKが身体で弾きゴールならず。 33分前田選手が相手を足で引っ掛け倒してしまいイエローカード。 35分増嶋選手から森本選手に交代、攻撃重視の布陣に変更。 40分水野選手のCKを平山選手がヘディングシュート、ゴールを捉えていたが相手ディフェンス が身体を張ってブロックしゴールならず。 オーストラリアが時間稼ぎをし始める。時間がない、敗れればグループリーグ敗退が決定して しまう。 42分カレン選手がゴール前に上げたクロスを平山選手が競り、ボールを拾った梶山選手が浮球の パスをペナルティエリア内に入れ、前田選手がシュート、GKが触るもののゴールに吸い込まれ 日本が遂に同点に追いつく。 43分オーストラリアのシュートを西川選手が身体を張ってブロックし痛むが大事には至らず。 ロスタイム平山選手が決定的なチャンスを得るがシュートをミスしてしまい得点ならず。 その後のオーストラリアの猛攻を凌ぎ切り引き分けに持ち込みました。
ベナンがオーストラリアに0-1で敗戦したため勝点2で3チームが並びましたが、得失点差、 総得点で何とか他の2チームを上回り2位に入り日本がグループリーグ突破を決めました。 とにかく自力だけでは突破できない状況でしたのでオランダに救われました。 決勝トーナメントの初戦はモロッコになりましたが、次はもう少し安心して見れる試合を 期待したいと思います。

|

« 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)東海大会決勝 | トップページ | 2005MBC国際ユーストーナメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/4616053

この記事へのトラックバック一覧です: FIFAワールドユース選手権大会グループリーグオーストラリア戦:

» いまだ勝ちなし [髭親爺的足球徒然草(V2.0)]
引き分けでも、なんとかなるかと日本は少し手を抜いていたようにも思えるが GKは西川 DFは水元、増嶋、柳楽、右中村に左が家長、中盤は兵藤、梶山に小林 2トップはいつもの平山とカレン やはりまったりとした試合で眠くなる オーストラリアは1トップ、その9... [続きを読む]

受信: 2005.06.20 11:37

« 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)東海大会決勝 | トップページ | 2005MBC国際ユーストーナメント »