« FIFAコンフェデレーションズカップ準決勝1日目 | トップページ | FIFAワールドユース選手権大会準決勝 »

2005.06.27

FIFAコンフェデレーションズカップ準決勝2日目

メキシコ代表1-1(PK5-6)アルゼンチン代表
得点者:
(メキシコ)サルシード
(アルゼンチン)フィゲロア
アルゼンチンがメキシコにPK戦の末勝利しました。
両チーム共に少ないボールタッチでゴール前まで持ち込むスピーディな攻撃を 高い集中のディフェンスで守る展開が続き、90分間、ゴールこそ有りませんでしたが かなり面白い試合でした。
その中、後半終了間際にサビオラ選手が相手選手を蹴ってしまいレッドカードで退場し、 さらにロスタイムにはメキシコマルケス選手が2枚目のイエローカードで退場し両チーム 10人で延長戦を戦うことになります。
延長前半終了間際にメキシコがインターセプトからパスを繋ぎ、最後にサルシード選手が 個人技でディフェンス2人をかわしペナルティエリアまで持ち込みシュート、ブロックした コロッチーニ選手の足に当たりコースが変ったボールがゴールに吸い込まれメキシコが貴重な 先制点を上げます。 延長後半アルゼンチンが必死の反撃を試み決定機を外してきたフィゲロア選手が意地の ゴールを決め同点に追いつき、その後はアルゼンチンペースで試合が進みましたが メキシコが守りきり試合はPK戦に縺れ込みました。
PK戦は両チーム5人成功し、メキシコの6人目をルクス選手が止め、アルゼンチンの 6人目が決めてアルゼンチンが接戦を制して決勝に進みました。
決勝は先日行われたワールドカップ南米予選の再現となりました。 前回敗れたブラジルは意地でもアルゼンチンに勝ちに来るでしょうから相当熱い戦いが 見られそうです。

|

« FIFAコンフェデレーションズカップ準決勝1日目 | トップページ | FIFAワールドユース選手権大会準決勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/4728497

この記事へのトラックバック一覧です: FIFAコンフェデレーションズカップ準決勝2日目:

« FIFAコンフェデレーションズカップ準決勝1日目 | トップページ | FIFAワールドユース選手権大会準決勝 »