« JFAプリンスリーグU-18東海2005日程発表 | トップページ | 日本代表メンバー発表 »

2005.03.12

2005年J1第2節東京ヴェルディ1969戦

東京ヴェルディ19690-0清水エスパルス
得点者:
(東京)-
(清水)-
エスパルスは事前の予想通りトップ下に杉山選手を上げ、CHに高木和選手、右SHに太田選手 と前節からメンバーを変えて試合に臨みました。
前半、10分斉藤選手、26分杉山選手、35分太田選手にイエローカード。 前半は両チーム無得点で終了しました。
後半、0分東京小林慶選手から戸川選手に交代。 16分杉山選手から澤登選手に交代。 39分東京平本選手から森本選手に交代。 エスパルスは押し込まれるもののGKを中心に何とかディフェンスが踏ん張り得点を許さず 0-0で引き分け前節に続き勝点1を手にしました。
決定力など課題は残りましたが長谷川監督が選手を試しながら今後少しづつベストの 布陣に持っていこうとしている様に感じました。 澤登選手については今後も切り札的な起用になりそうです。杉山選手を今後しばらくトップ下 での適正を試すのか、CHは伊東選手とコンビを組む選手を高木和選手に固定するのか又は鶴見選手 など他選手との組合せを試すのか、今日ベンチに入った兵働選手以下サブメンバーの起用はどうか、 など興味が尽きません。
今後、各世代の代表で選手が何人かチームを抜ける可能性があり、その時のメンバー選考も 重要です。特にU-20で杉山選手が長期間抜けた場合の対応が今最も気になる所です。

|

« JFAプリンスリーグU-18東海2005日程発表 | トップページ | 日本代表メンバー発表 »

コメント

トラックバック&コメントありがとうございました。確かに攻撃時の連携はいまいちかなというのは感じてます。そこがうまくいくともっとおもしろいサッカーになりそうですね。またおじゃまします。

投稿: ばなな | 2005.03.16 00:45

>ばななさんへ

こんにちは。
コメントありがとうございます。
長谷川監督の描く攻撃の理想形に早く
近づけるといいですね。
それでは失礼します。

投稿: tokusan | 2005.03.16 08:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/3270541

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年J1第2節東京ヴェルディ1969戦:

» 分けてもちょっぴり満足 [髭親爺的足球徒然草(V2.0)]
昼まで暖かかった陽気も、厚い雲が広がり風が強くなると 急にスタジアムの中は冷え込み、ビールを飲むどころではなくなってしまった 主審家本のアナウンスに、更... [続きを読む]

受信: 2005.03.14 10:00

» エスパルス対東京V 〜第二節〜 [バナナシュート!!!!]
12日に行われたエスパルス対東京Vは0−0で引き分けだった。 良い形で何度も相手ディフェンスを突破していたものの、最後の決定力を欠き健太監督の初勝利はお預... [続きを読む]

受信: 2005.03.14 23:35

» 第2節 東京ヴェルディ1969戦 関連記事 [ぱるるアンテナ]
2005年 第2節 清水エスパルス vs 東京ヴェルディ1969戦 | 味スタ ■関連記事まとめ [続きを読む]

受信: 2005.03.14 23:43

« JFAプリンスリーグU-18東海2005日程発表 | トップページ | 日本代表メンバー発表 »