« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004.12.31

第83回全国高校サッカー選手権大会1回戦藤枝東対佐賀東

藤枝東、韮崎など2回戦に/高校サッカー 日刊スポーツ
本日(12月31日)行われた藤枝東対佐賀東は藤枝東が2-1で佐賀東を振り切り勝利しました。 直前の試合の西武台対大分は西武台がロスタイムで同点に追いつきPK戦を制する劇的な勝利を したので、佐賀東が1点差に迫るゴールを決めてからはタイムアップまでの時間が随分長く感じ ましたが見事に勝利し去年の雪辱を果たしてくれました。
2回戦は劇的な勝利を決めた西武台(埼玉)と1月2日に埼玉スタジアム2002での対戦とまさに アウェーとなりますが、次も勝利することを期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.30

第83回全国高校サッカー選手権大会開幕

いよいよ、本日(12月30日)第83回全国高校サッカー選手権大会が開幕します。
藤枝東は明日(12月31日)、佐賀東と対戦します。去年初戦敗退と屈辱を喫した藤枝東が 初戦を突破し、恐らく上がってくるはずの国見と対戦するのをぜひ見てみたいと思います。
また、来期エスパルス加入が内定している 岩下選手の鹿児島実業は修徳と岡崎選手の滝川第二は星稜と1月2日にそれぞれ対戦します。
注目選手 Nippon Television Network Corporation.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.28

エスパルス補強・移籍情報4

先程、オフィシャルホームページでFWアラウージョ選手のガンバ大阪への完全移籍決定の 発表があり、先日の池田選手に続く2人目の主力の移籍となりました。
今シーズンから加入しエスパルスの貴重な得点源となっていたアラウージョ選手だけに、この 移籍はかなり痛いものとなるかもしれません。即戦力のFWの補強が緊急課題となりましたが 既にリストアップは進んでいるものと期待せずにはいられません。
(チームを離れた人)
スタッフ
 石崎信弘監督 辞任
GK
 真田雅則選手 引退
 鶴田達也選手 ヴァンフォーレ甲府(完全移籍)
DF
 池田昇平選手 サンフレッチェ広島(期限付移籍)
MF
 鈴木隼人選手 ヴァンフォーレ甲府(完全移籍)
FW
 アラウージョ選手 ガンバ大阪(完全移籍)

(チームに来た人、含む移籍期間延長)
スタッフ
 長谷川健太監督 浜松大学監督
 サントスヘッドコーチ エスタシオ大学監督
GK
 西部洋平選手 清水エスパルス
  (期限付移籍期間満了、延長)
DF
 平岡康裕選手(新人) 清水商業高校
 岩下敬輔選手(新人) 鹿児島実業高校
 青山直晃選手(新人) 前橋育英高校
 高木和道選手 ヴィッセル神戸
  (期限付移籍期間満了、復帰)
MF
 兵働昭弘選手(新人) 筑波大学
 枝村匠馬選手(新人) エスパルスユース
FW
 財津俊一郎選手(新人) 東海大学付属第五高校
 岡崎慎司選手(新人) 滝川第二高校
 鈴木真司選手(新人) エスパルスユース

注)オフィシャルで報告が有った予定者を含む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.27

長谷川監督春季キャンプは実戦重視

健太監督、実戦重視でオレンジ軍団再生へ 日刊スポーツ静岡版
長谷川監督へのインタビューで春季キャンプは実戦を重視することが報道されました。 実戦を通した戦術の浸透、試合に見合ったフィジカルアップ及び選手のポジション決めを早めに行う ことによりチームとして戦う環境が整っていくと思いますので、個人的には賛成です。 来期は長丁場になりますがリーグスタートからフルパワーで行ける体制を一刻も早く作り上げて いただくことを期待します。
本日は、補強関係で2つニュースがありました。 1つは池田選手の移籍がエスパルスオフィシャルから発表されました。 もう1つは複数チームが獲得に乗り出していた静岡学園の狩野選手の横浜入団が決まりました。 残念ですが気持ちを切り替えて、またグッドニュースが有る事を期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.26

Jユースカップ2004決勝トーナメント決勝

鹿島PK戦制し6年ぶりのV/Jユース杯 日刊スポーツ
本日(12月26日)行われたJユースカップ 決勝トーナメント決勝はPK戦まで縺れ込み鹿島が勝利しました。 ここまで圧倒的な戦いをしてきた広島の3冠は鹿島によって遂に阻止されました。
これで今年度のユース世代の大会は高校選手権を残すだけとなりました。 広島同様、高校サッカー界で最近圧倒的な強さを見せてきた国見と市立船橋を倒すチームが 現れるのか、藤枝東が去年の雪辱を果たすことが出来るのか、 来期加入が内定している鹿児島実業の岩下選手と滝川第二の岡崎選手がどの様なプレーをするのか 興味の尽きない大会がまもなく始まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本大学サッカー選手権決勝トーナメント準決勝

【全国】全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)準決勝 大学サッカー:試合速報・結果 College Soccer Central
来期加入が内定している兵働選手が所属する筑波大学が駒澤大学と対戦し、 前半にアントラーズに加入が内定している駒澤大学中後選手の2得点でリードされ、そのまま 逃げ切られ敗戦を喫しました。
兵働選手にとっては大学最後の大会が残念な結果になりましたが、今後はプロとして活躍して いただきたいと思います。
尚、その他の試合は立命館大学が勝利し、決勝で駒澤大学と対戦します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.24

エスパルス補強・移籍情報3

先程、サンフレッチェ広島のオフィシャルホームページでDF池田昇平選手の1年間の期限付移籍 の発表がありました。エスパルスオフィシャルからも間もなく発表されるでしょう。
今オフ初の主力級の移籍となりましたが、DF層の薄さを考えると今年のセカンドステージ で高木和道選手を移籍で失った時と同じ状況になりました。 セカンドステージはその穴を埋めるのに戸田選手をポジションチェンジしたりしてしのぎました が、今回、長谷川監督がどの様な手を打つのか注目したいと思います。
池田選手はエスパルスユースの頃から期待していました。 しかし、移籍が既に確定してしまっているからにはサンフレッチェでポジションを 掴めるように努力されることを期待します。そして1年後大きくなってエスパルスに戻ってきて ほしいと思います。
(チームを離れた人)
スタッフ
 石崎信弘監督 辞任
GK
 真田雅則選手 引退
 鶴田達也選手 ヴァンフォーレ甲府(完全移籍)
DF
 池田昇平選手 サンフレッチェ広島(期限付移籍)
MF
 鈴木隼人選手 ヴァンフォーレ甲府(完全移籍)

(チームに来た人、含む移籍期間延長)
スタッフ
 長谷川健太監督 浜松大学監督
 サントスヘッドコーチ エスタシオ大学監督
GK
 西部洋平選手 清水エスパルス
  (期限付移籍期間満了、延長)
DF
 平岡康裕選手(新人) 清水商業高校
 岩下敬輔選手(新人) 鹿児島実業高校
 青山直晃選手(新人) 前橋育英高校
 高木和道選手 ヴィッセル神戸
  (期限付移籍期間満了、復帰)
MF
 兵働昭弘選手(新人) 筑波大学
 枝村匠馬選手(新人) エスパルスユース
FW
 財津俊一郎選手(新人) 東海大学付属第五高校
 岡崎慎司選手(新人) 滝川第二高校
 鈴木真司選手(新人) エスパルスユース

注)オフィシャルで報告が有った予定者を含む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エスパルス補強・移籍情報2

本日(12月24日)、GK鶴田達也選手とMF鈴木隼人選手のJ2ヴァンフォーレ甲府への 完全移籍がオフィシャルから発表されました。 残念ではありますが、今は新天地での活躍を期待したいと思います。
(チームを離れた人)
スタッフ
 石崎信弘監督 辞任
GK
 真田雅則選手 引退
 鶴田達也選手 ヴァンフォーレ甲府(完全移籍)
MF
 鈴木隼人選手 ヴァンフォーレ甲府(完全移籍)

(チームに来た人、含む移籍期間延長)
スタッフ
 長谷川健太監督 浜松大学監督
 サントスヘッドコーチ エスタシオ大学監督
GK
 西部洋平選手 清水エスパルス
  (期限付移籍期間満了、延長)
DF
 平岡康裕選手(新人) 清水商業高校
 岩下敬輔選手(新人) 鹿児島実業高校
 青山直晃選手(新人) 前橋育英高校
 高木和道選手 ヴィッセル神戸
  (期限付移籍期間満了、復帰)
MF
 兵働昭弘選手(新人) 筑波大学
 枝村匠馬選手(新人) エスパルスユース
FW
 財津俊一郎選手(新人) 東海大学付属第五高校
 岡崎慎司選手(新人) 滝川第二高校
 鈴木真司選手(新人) エスパルスユース

注)オフィシャルで報告が有った予定者を含む。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.12.23

Jユースカップ2004決勝トーナメント準決勝

第12回Jユースカップ2004 Jリーグユース選手権大会 決勝進出チーム決定!! [ Jリーグ ] J's GOAL
本日(12月23日)行われたJユースカップ 決勝トーナメント準決勝は鹿島と広島がそれぞれ勝利し、決勝に駒を進めました。 ついに広島が3冠に王手をかけましたが、それを鹿島が阻止することができるか注目の決勝戦に なりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本大学サッカー選手権決勝トーナメント準々決勝

【全国】全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)2回戦 大学サッカー:試合速報・結果 College Soccer Central
来期加入が内定している兵働選手が所属する筑波大学が福岡大学に勝利し、準決勝に進出 しました。
その他の試合は来期JFLへの昇格が決定している流通経済大学、立命館大学、駒澤大学 がそれぞれ勝利しました。筑波大学は準決勝で駒澤大学と対戦します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.12.22

U-20日本代表メンバー発表

U-20日本代表カタール遠征(1/9~28)メンバーについて(04/12/22) 日本サッカー協会
本日(12月22日)、来年1月に開催されるカタール国際大会に参加するメンバー19名の発表が ありました。
前回、手術のためトレーニングキャンプ参加辞退を した杉山選手は選考されませんでした。 しかし、カタール国際大会の後、6月にユース世代の頂点を決めるFIFA U-20世界選手権が 有りますので、杉山選手にはこの大会を目指してほしいと思います。 来年はJリーグの試合数も増加し、間に国内、国外の各種大会が組まれる非常にハードなシーズンに なることが予想されますが、その中で杉山選手にはエスパルスとU-20日本代表での活躍を期待 したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.21

エスパルス補強・移籍情報1

来期に向けて積極的な戦力補強が行われているエスパルスですが、先日報道の有った高木和道選手 の復帰がオフィシャルから正式に発表になりました。 併せて西部選手の移籍期間延長の発表も行われました。 今まで新加入選手をまとめてきましたが、これを機会に補強・移籍情報としてまとめて いこうと思います。
(チームを離れた人)
スタッフ
 石崎監督(辞任)
GK
 真田選手(引退)

(チームに来た人、含む移籍延長)
スタッフ
 長谷川監督 浜松大学監督
 サントスヘッドコーチ エスタシオ大学監督
GK
 清水エスパルス 西部選手
  (移籍期間満了、延長)
DF
 清水商業高校 平岡選手(新人)
 鹿児島実業高校 岩下選手(新人)
 前橋育英高校 青山選手(新人)
 ヴィッセル神戸 高木和道選手
  (移籍期間満了、復帰)
MF
 筑波大学 兵働選手(新人)
 エスパルスユース 枝村選手(新人)
FW
 東海大学付属第五高校 財津選手(新人)
 滝川第二高校 岡崎選手(新人)
 エスパルスユース 鈴木選手(新人)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本大学サッカー選手権決勝トーナメント第1回戦

【全国】全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)1回戦 大学サッカー:試合速報・結果 College Soccer Central
来期加入が内定している兵働選手が所属する筑波大学が 1次リーグで敗戦を喫した広島修道大学に勝利し準々決勝に進出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エスパルス選手補強7

本日、エスパルスオフィシャルホームページより エスパルスユースFW鈴木選手、MF枝村選手の加入内定の発表がありました。 これで現時点で来期の選手補強は8人となりました。
DF
 清水商業高校 平岡選手
 鹿児島実業高校 岩下選手
 前橋育英高校 青山選手
MF
 筑波大学 兵働選手
 エスパルスユース 枝村選手
FW
 東海大学付属第五高校 財津選手
 滝川第二高校 岡崎選手
 エスパルスユース 鈴木選手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本代表メンバー発表

KIRIN WORLD CHALLENGE キリンチャレンジカップ2005‐Go for 2006!‐ (カザフスタン代表戦)(シリア代表戦) 日本代表チーム 事前合宿メンバーについて(04/12/21) 日本サッカー協会
本日(12月21日)、キリンチャレンジカップ(カザフスタン、シリア)の事前合宿 に参加する日本代表メンバー23人の発表がありました。 今回はヨーロッパ組の召集はなく、日本組だけの参加となりました。
エスパルスからの選出は有りませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

移籍リスト3公開

移籍リスト[第05-03号](04/12/21) 日本サッカー協会
移籍リスト第3号が公開されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.20

Jユースカップ2004決勝トーナメント2回戦

【第12回Jユースカップ2004 Jリーグユース選手権大会:2回戦】試合結果 J's GOAL
昨日(12月19日)行われたJユースカップ 決勝トーナメント2回戦は浦和、鹿島、広島、東京Vがそれぞれ勝利し、準決勝に駒を進めました。 高円宮杯準優勝の磐田が浦和に5-2の大差で敗退したのには驚きましたが、広島は相変わらず 強さを見せ強豪の市原に3-1で確実に勝利しました。
エスパルスユースが既にこの舞台から去ってしまっているのは残念ですが、今年主力として活躍した 1、2年生が来年どの様なパフォーマンスを示してくれるか今から楽しみにしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.19

曺宰溱(チョ ジェジン)選手ドイツ戦でゴール

韓国金星、ドイツを破る/親善試合 日刊スポーツ
韓国代表がドイツ代表と親善試合を行い、3-1でドイツ代表に勝利しました。 エスパルスから韓国代表に召集された曺宰溱(チョ ジェジン)選手も後半に駄目押しとなる ゴールを決め勝利に貢献しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.18

高木和道選手復帰

神戸またDF陣が流出 今度は高木が清水へ復帰 スポニチアネックスOSAKA
ヴィッセル神戸へ期限付き移籍していた高木和道選手が復帰するとの報道がありました。 まだ、オフィシャルからの発表はありませんが、今年のセカンドステージでCB不足で苦労した エスパルスにとって高木和道選手の復帰は朗報です。 長谷川監督の復帰要請で決めたとのことで、監督として良い仕事をしてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こうさぎ再復活

右サイドバーに表示していたサッカーサイトランダムサーチのブログペット「こうさぎ」の サービスサイトの動作が安定して来た様なので再び「こうさぎ」を戻しました。 年明けには機能アップの発表があるとのことなので楽しみに待ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.17

長谷川監督初仕事

清水長谷川、仙台都並両監督が初仕事 日刊スポーツ
昨日(12月16日)、長谷川監督が初仕事としてJリーグの合同トライアウトをチェックしました。 この模様は報道ステーションでも放送されました。残念ながら目に留まる選手はいなかったようです が、いよいよ来期に向けての長谷川監督の活動がスタートした様です。これからどの様なチームを 作っていくのか注目していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.16

日本代表対ドイツ代表

日本代表0-3ドイツ代表
得点者:
(日本)-
(ドイツ)クローゼ2、バラック
前半、ドイツはバラック選手を基点にゲームを作り、2回程GKがゴールマウスを空けた状態で シュートを撃たれる決定的なチャンスがありましたがディフェンスが何とか守りきりゴールを 割らせませんでした。 日本もドイツの左サイドを攻め何度かクロスを上げますが、さすがにドイツの中央のディフェンス は堅くゴールをあげることは出来ず、両チーム無得点で前半を終了しました。
後半、開始から鈴木選手に替わって玉田選手を投入。 9分バラック選手のFKを楢崎選手が弾きますが、詰めていたクローゼ選手に押し込まれ 先制点を先にドイツに上げられます。 17分ポドルスキ選手に替わってシュバインシュタイガー選手を投入。 24分ドイツのカウンターでアサモア選手がディフェンスを引き付けバラック選手にパス、受けた バラック選手が切り返しからミドルシュートをゴール右隅に冷静に決め2点目。 25分高原選手から大久保選手、稲本選手から遠藤選手、藤田選手から三浦選手と3人一挙に交代。 27分シュナイダー選手からボロウスキー選手、31分エルンスト選手からエンゲルハルト選手に 交代。 37分三都主選手から西選手に交代。 ロスタイムに日本のミスからクローゼ選手に駄目押し点を決められてタイムアップを 迎えました。
今日の試合、前半は攻守共に何とかバランスを保っていましたが、後半2点目を入れられ 選手3人を一挙に交代した辺りから攻守のバランスがばらばらになってしまった様な感じ がしました。
一方ドイツは固い守備と確実なプレー、そしてバラック選手の個人技とクローゼ選手 がFWとして確実に決めるところで決めるという実に堅い試合をされてしまいました。 2点目が入ってからは一方的になってしまった非常に悔しい展開の試合でした。 ドイツの選手もコンディションが決して万全とは言えないようで、シュートミスなども目立ち ましたが確実に勝ってしまうのがドイツなのでしょう。
今日の試合は日本も本番でレギュラーとなるであろう選手が何人か出ていませんでしたが、 サブメンバーと決定力というワールドカップに向けての大きな課題を改めて ドイツから突きつけられてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.12.15

移籍リスト2公開

移籍リスト[第05-02号](04/12/14) 日本サッカー協会
移籍リスト第2号が公開されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JFAプリンスリーグU-18東海2005参入戦

2004東海ユースサッカー選手権大会 (JFAプリンスリーグU-18東海2005参入戦) 静岡県サッカー協会
第1日目
清水東(静岡)1-2中京大中京(愛知)
磐田東(静岡)1-1(PK5-3)海星(三重)
第2日目
磐田東(静岡)1-0土岐商(岐阜)
JFAプリンスリーグU-18東海参入戦の 第1日目(12月11日)、 清水東は中京大中京に敗退、磐田東がPK戦で海星に勝利しました。
清水東は残念でしたが来年また頑張ってほしいと思います。 磐田東はあと1勝で来年のプリンスリーグ東海進出が決まります。
第2日目(12月12日)、 磐田東が土岐商に勝利し見事プリンスリーグ東海への進出を決定しました。 もう1つのプリンスリーグ東海進出チームは中京大中京でした。
これで、来年のプリンスリーグ東海で静岡県のチームが10チーム中6チームを占めることに なりました。 エスパルスユース、ジュビロユース、静岡学園、藤枝東、浜名と磐田東です。 しかし、静岡県のチームが強いのはうれしいのですが、プリンスリーグ東海のシステム自体が 少し歪になって来ました。今回も各県最低1枠を割り当てる規約がなければ岐阜県のチーム が無くなるところでした。東海地区全体の強化という意味で近い将来、システム の見直しがあるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.14

真田選手インタビュー

清水エスパルスを引退 GK真田雅則さん asahi.com
真田選手のインタビューがasahi.comに掲載されていました。 改めてエスパルス創設からチームを支えてきた真田選手のことが思い出されると共に、 今後のコーチとしての活躍を期待したい気持ちになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.12

Jユースカップ2004決勝トーナメント1回戦

えすぱっ子 速報板 えすぱっ子
えすぱっ子さんの速報によると、 Jユースカップ サンフレッチェユース戦は0-3で敗退した模様です。
これで今年のエスパルスユースのタイトルがかかった試合は全て終了しました。 今年はタイトルを取ることが出来ませんでしたが、主力に負傷者が少なくなかったなど不運な面も ありました。その中でプリンスリーグ東海では序盤戦の不利な状況を最後で挽回するなど感動させて いただきました。
1、2年生は、また来年に向けて強いエスパルスユースを作ってくれる事を期待します。 3年生は今後トップチームに入る人、大学に進む人、また別の道を歩む人など様々だと思いますが、 各々の道で活躍されることを願いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.11

2004サントリーチャンピオンシップ第2戦

浦和レッドダイヤモンズ1-0(延長0-0、PK2-4)横浜Fマリノス
得点者:
(浦和)三都主
(横浜)-
前半、立ち上がりから30分頃まではほとんど浦和の時間でしたが、横浜のディフェンスも 堅く決定的な場面はセットプレーからの数回くらいしかなくゴールは有りませんでした。 横浜も防戦だけでなく時々浦和を脅かすカウンターを仕掛けますが、こちらもゴールまでは 到りません。前半は両チーム無得点で終了しました。 26分横浜ドゥトラ選手、32分浦和アルパイ選手、40分浦和ネネ選手にイエローカード。
後半、18分浦和平川選手から田中達選手に交代。 28分浦和長谷部選手にイエローカード。 29分横浜中西選手がゴール前で浦和エメルソン選手を倒しレッドカード。 これで得たFKを三都主選手が直接ゴール。 37分横浜清水選手から山崎選手に交代。 ロスタイム浦和田中闘選手のヘディングシュートはGK正面で得点ならずタイムアップ。 試合は2試合合計で両チームの勝数、得失点差などまったく同じため Vゴール方式の延長戦に突入しました。
延長前半、浦和が押すものの横浜も守りきり無得点。
延長後半、13分横浜榎本選手にイエローカード。 14分浦和エメルソン選手が相手選手を蹴ってしまいレッドカード。 そのままPK戦に突入。
PK戦は横浜榎本選手が2本止めて横浜が勝利し、年間優勝を手にしました。
 浦和 ×○○×-|2
 横浜 ○○○○-|4
両チーム共に気合の入った良い試合を見させていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長谷川新監督記者会見

健太が清水に帰ってきた!就任会見で意欲 日刊スポーツ静岡版
今後まだ即戦力の補強が何人かあるかもしれませんが、来期のチーム体制がほぼ見えてきました。 長谷川監督が掲げる「復活・歓喜・尊敬」が来期実現することを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.10

ヘッドコーチにサントス氏就任

清水長谷川新監督「尊敬されるチームに」 日刊スポーツ
本日、長谷川健太新監督の記者会見がありましたが、同時に 来期スタッフとしてヘッドコーチにサントス氏(44)の就任が報道されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.09

長谷川健太新監督発表

来期の監督として長谷川健太氏の就任が決定したことがオフィシャルから発表されました。
正直、現時点でエスパルスの監督就任は大変な困難を伴うことが容易に予想できます。 しかし、敢えて困難に挑む長谷川健太氏を応援すると共に、フロントの方には良い 環境作りをお願いしたいと思います。来期のエスパルスの命運をまだJリーグでの監督経験のない 長谷川健太氏に任せるからにはヘッドコーチを含めたスタッフの充実と即戦力の補強を 早急にすると共に監督権限の明確化もフロントの方にはぜひお願いします。
とにかく長谷川健太新監督にはエスパルスを戦う集団にしてほしいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

ワールドカップアジア最終予選抽選会

W杯予選、初戦は北朝鮮と対戦 日刊スポーツ
本日(12月9日)ワールドカップアジア最終予選抽選会が行われ、B組の日本の対戦相手がイラン、 バーレーン、北朝鮮に決定しました。
グループの2位までが無条件でワールドカップ出場決定、3位は A組3位とプレーオフを行い、勝利した方が北中米カリブ海地区4位と最後の切符を賭け プレーオフに臨みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.07

移籍リスト公開

移籍リスト[第05-01号](04/12/7) 日本サッカー協会
移籍リストが公開されました。エスパルスもこの中から誰か補強するのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戸田選手国内移籍を志願

清水MF戸田が国内移籍を志願 日刊スポーツ
戸田選手が日本代表復帰を見据えて優勝を狙えるチームでのプレーを希望し国内移籍を志願したとの 報道がありました。
戸田選手は前回の欧州移籍の件が有りましたので、また機会があれば国外でプレーする姿を 見てみたいと個人的には思っていましたが、日本代表を見据えての国内移籍というのは意外でした。 確かに現在のエスパルスの成績では日本代表に選出されるのは難しいかもしれませんが、 エスパルスに留まって自分の手で改革し、優勝を狙えるチームにするという想いはなかったのかと 考えると残念な気がします。 まだ、残留の可能性があるのならもう一度考え直してほしいところです。
現時点で、来期の戦力から戸田選手が抜けた場合のディフェンスを考えると必要な選手の1人で あることは間違いないと思います。 戸田選手がチームに足りない点も指摘している様ですので、フロントも真摯に受け止め、 改善するところは改善するという気持ちで慰留してほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こうさぎ再び家出

右サイドバーに表示していたサッカーサイトランダムサーチのブログペット「こうさぎ」の サービスサイトにまた不具合が発生している様で本ブログの表示が長時間完了しない現象が 昨日より発生しています。「こうさぎ」も表示されなくなっています。 サービスサイトのサーバにもログインできないので状況が把握出来ません。
このままでは支障が有りますので、しばらく「こうさぎ」をサイドバーから外して対処 致します。また、サーバが安定しましたら「こうさぎ」を戻したいと思います。 ご面倒をおかけします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.06

山本海人選手U-19トレーニングキャンプに追加召集

U19代表合宿から3人が離脱 日刊スポーツ
U-19トレーニングキャンプにエスパルスからGK山本海人選手が追加召集されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本代表メンバー発表

KIRIN WORLD CHALLENGE キリンチャレンジカップ2004-Go for 2006!- (12/16対ドイツ代表戦)日本代表チームメンバー並びにスケジュールについて(04/12/6) 日本サッカー協会
本日(12月6日)、12月16日に行われるドイツとの親善試合に出場する日本代表メンバー 23人の発表がありました。 ヨーロッパ組では川口選手、稲本選手、高原選手の3名が招集され、国内組では西選手が復帰 しました。
今回、エスパルスからの選出は有りませんでした。
対戦するドイツのアジア遠征メンバーはシュツットガルトの4選手が日本戦はUEFAカップのため 出場できないのが残念ですが、バラック、クローゼ、アサモアなど非常に強力なメンバーが来日 します。クリンスマン監督も参加できなかった選手は不利益を被ると言っていることから直前で キャンセルする選手もいなさそうです。 カーンにとっては若手の台頭もあり正念場の試合になるので、どの様なパフォーマンスを 見せてくれるか今から楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本大学サッカー選手権1次リーグ最終結果

第53回全日本大学サッカー選手権1次リーグ 日刊スポーツ
昨日(12月5日)、全日本大学サッカー選手権1次リーグが終了し、決勝トーナメントに進出する 16大学が決定しました。来期加入予定の兵働選手が所属する筑波大学も初戦を落とし、どうなるか 心配しましたが残り2試合を勝利しA組1位で無事通過を決めました。
健太浜大、終戦/大学サッカー 日刊スポーツ静岡版
長谷川健太氏が監督を務める浜松大学は最終戦を勝利したものの、決勝トーナメント進出条件の 3位の上位2チームまでに入ることが出来ず、1次リーグでの敗退が決定しました。 長谷川健太氏については来期エスパルスの監督就任が決定的との報道が有りましたが、これで 何か動きがあるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.05

2004サントリーチャンピオンシップ第1戦

横浜Fマリノス1-0浦和レッドダイヤモンズ
得点者:
(横浜)河合
(浦和)-
前半、7分浦和内舘選手にイエローカード。 横浜は早めに三都主選手の裏のスペースを狙って何回かチャンスを演出します。 23分浦和長谷部選手にイエローカード。 30分過ぎ頃から浦和が徐々に押し込みだし、セカンドボールも拾えるようになって来ました。 31分横浜ドゥトラ選手にイエローカード。 ロスタイム浦和田中闘選手にイエローカード。 あっという間に前半が終了し、非常に両チーム共すばらしいサッカーを見せてくれました。
後半、開始から浦和内舘選手に替えて平川選手を投入。 14分横浜上野選手にイエローカード。 16分浦和山田選手にイエローカード。 21分横浜CKからゴール前の密集を抜け出てフリーになった河合選手がヘディングでゴールを 決め先制します。 28分浦和エメルソン選手にイエローカード。 30分浦和田中達選手に替えて岡野選手を投入。 43分横浜中西選手にイエローカード。 44分横浜清水選手に替えて山崎選手を投入。 試合はそのままタイムアップを迎え、第1戦は横浜が勝利しました。 今日は横浜のディフェンスが浦和のFWを完璧に押さえ込みました。
第2戦は浦和ホームということで、またエキサイティングな試合になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.04

こうさぎ復活

右サイドバーに表示していたサッカーサイトランダムサーチのブログペット「こうさぎ」の サービスサイトに不具合が有ったため、本ブログの表示が完了しない現象が昨日より発生して いました。
現在は正常に戻りました。ご迷惑をおかけしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟県中越地震復興支援チャリティーマッチ

アルビレックス新潟0-0ジーコジャパンドリームチーム
得点者:
(新潟)-
(ジジ)-
試合は0-0の引き分けでしたが面白い試合でした。 球際のかなり厳しいチェックなどもあり、最後はリーグ戦を見ている様な錯覚を受けた程 でした。
この試合で新潟の方たちが元気を受けてくれることを願ってやみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.02

新監督に長谷川健太氏?

長谷川健太氏が清水監督就任へ スポニチアネックス
来期の監督として長谷川健太氏の就任が決定的との報道がありました。 まだ、オフィシャルから何も発表はありません。 この報道の真偽については現時点ではまだ不明です。
正直この報道には驚きました。現時点でJ1はおろかJ2の監督経験もない長谷川氏をいきなり 監督にということが本当にあるのか。今後の経緯をもう少し注目したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.01

杉山選手U-19日本代表トレーニングキャンプ参加辞退

U-19日本代表候補トレーニングキャンプ(12/3~8) 参加選手変更について(04/12/1) 日本サッカー協会
杉山選手が手術のためU-19日本代表トレーニングキャンプ参加を辞退しました。 鎖骨骨折手術で骨の固定に使用したピンを除去するためだそうです。 残念ですがまだ機会はあると思いますので、また代表に選考されることを期待します。 今は手術が無事終了することを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来期大量戦力補強をフロント示唆

「獲りまくる!」清水再起へ大量補強 日刊スポーツ静岡版
来期の戦力補強として既に6人の新人加入が内定しているエスパルスですが、フロントは 即戦力も含めて大量に補強する計画の様です。
まだ、来期の監督が決まる前に選手補強をするのは、次期監督のチーム構想から外れた人選を した場合の不安が残りますが、有望な人材と早めに交渉をし、監督交渉と平行しながら併せて 人選の擦り合わせをしていくというのは現状ではこれしか方法がないかもしれません。
あまり考えたくありませんが、来期は降格条件が厳しくなるのでシーズンを通して安定した 試合運びをし、確実に勝点を積み上げていく事がより重要になってきます。 今後、どの様な人選をするのか目の離せない展開になってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »