« 長谷川新監督記者会見 | トップページ | Jユースカップ2004決勝トーナメント1回戦 »

2004.12.11

2004サントリーチャンピオンシップ第2戦

浦和レッドダイヤモンズ1-0(延長0-0、PK2-4)横浜Fマリノス
得点者:
(浦和)三都主
(横浜)-
前半、立ち上がりから30分頃まではほとんど浦和の時間でしたが、横浜のディフェンスも 堅く決定的な場面はセットプレーからの数回くらいしかなくゴールは有りませんでした。 横浜も防戦だけでなく時々浦和を脅かすカウンターを仕掛けますが、こちらもゴールまでは 到りません。前半は両チーム無得点で終了しました。 26分横浜ドゥトラ選手、32分浦和アルパイ選手、40分浦和ネネ選手にイエローカード。
後半、18分浦和平川選手から田中達選手に交代。 28分浦和長谷部選手にイエローカード。 29分横浜中西選手がゴール前で浦和エメルソン選手を倒しレッドカード。 これで得たFKを三都主選手が直接ゴール。 37分横浜清水選手から山崎選手に交代。 ロスタイム浦和田中闘選手のヘディングシュートはGK正面で得点ならずタイムアップ。 試合は2試合合計で両チームの勝数、得失点差などまったく同じため Vゴール方式の延長戦に突入しました。
延長前半、浦和が押すものの横浜も守りきり無得点。
延長後半、13分横浜榎本選手にイエローカード。 14分浦和エメルソン選手が相手選手を蹴ってしまいレッドカード。 そのままPK戦に突入。
PK戦は横浜榎本選手が2本止めて横浜が勝利し、年間優勝を手にしました。
 浦和 ×○○×-|2
 横浜 ○○○○-|4
両チーム共に気合の入った良い試合を見させていただきました。

|

« 長谷川新監督記者会見 | トップページ | Jユースカップ2004決勝トーナメント1回戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/2235547

この記事へのトラックバック一覧です: 2004サントリーチャンピオンシップ第2戦:

« 長谷川新監督記者会見 | トップページ | Jユースカップ2004決勝トーナメント1回戦 »