« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004.11.30

北嶋選手左肩手術

北嶋左肩手術、復帰まで3カ月 日刊スポーツ静岡版
北嶋選手が左肩の手術を12月3日にするそうです。 脱臼癖があったそうで、FWとしては相手DFを押さえ込むのに常に不安が付きまとっていた シーズンだったことでしょう。 復帰まで3ヶ月とのことなので、十分開幕には間に合うでしょう。 北嶋選手の印象は市立船橋で高校選手権1年生で鮮烈デビューをした印象が今でも最も強いです。 ぜひとも来シーズンは体調を万全にして活躍することを期待します。 まだ、26歳これから頑張れ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.11.28

石崎監督辞任

清水石崎監督が成績不振で辞任 日刊スポーツ
石崎監督の辞任報道がありました。まだオフィシャルからの正式発表はありません。 また、後任等についても不明です。
【追加】2004.11.28
先程、オフィシャルホームページで正式に発表がありました。 これで今シーズン2人目の監督辞任となってしまいました。 後任についてはまだ未定の様ですが、早急に体制を作って来期に備えていただきたいと 思います。
石崎監督にとって今シーズンはヘッドコーチでJ1の経験を積む予定が、途中で急に監督を 任されるなど予想外のシーズンだったと思います。 今はただお疲れ様でしたとしか言えませんが、またJ1の舞台に復帰されることを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年J1セカンドステージ第15節

清水エスパルス1-3ヴィッセル神戸
得点者:
(清水)曺宰溱(チョ ジェジン)
(神戸)ホルヴィ、播戸2
前半、13分ヴィッセルホルヴィ選手に先制ゴールを入れられます。
後半、15分曺宰溱(チョ ジェジン、以降チョと略)選手がゴールを決め同点に追いつきます。 18分久保山選手から平松選手に交代。 19分播戸選手にゴールされ再びリードを許します。 28分伊東選手から澤登選手に交代。 29分播戸選手にゴールを決められ2点のビハインド。 34分アラウージョ選手から北嶋選手に交代。 そのままタイムアップとなり敗戦を喫しました。
最終戦を勝利で飾る事が出来なかったと共に、 今日は真田選手の引退試合でしたが、常にリードされる展開となり攻撃的選手を投入する必要が あったため真田選手の出場はありませんでした。
真田選手は今後どの様なセカンドキャリアを歩まれるのか分かりませんが、エスパルスを長年に 渡って支えてくれた選手だけに何らかの形でエスパルスに関わる仕事をしていただきたいと 個人的には思います。真田選手、本当にお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.11.26

エスパルス選手補強6

本日、エスパルスオフィシャルホームページより 前橋育英高校DF青山選手の加入内定の発表がありました。 これで現時点で来期の選手補強は6人となりました。
DF
 清水商業高校 平岡選手
 鹿児島実業高校 岩下選手
 前橋育英高校 青山選手
MF
 筑波大学 兵働選手
FW
 東海大学付属第五高校 財津選手
 滝川第二高校 岡崎選手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.25

U-19日本代表メンバー発表

U-19日本代表候補トレーニングキャンプ(12/3~8)メンバーについて(04/11/25) 日本サッカー協会
本日(11月25日)、U-19日本代表候補トレーニングキャンプに参加するメンバー32名の発表が ありました。このメンバーから来年1月の カタール国際大会 のメンバーが選出されます。
エスパルスからは杉山選手が参加します。カタール国際大会の後には、このメンバーの中から FIFA U-20世界選手権のメンバーが選考されることになるでしょうから、ぜひ良いアピールをして いただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jユースカップ決勝トーナメント組合せ発表

決勝トーナメント表 Jリーグオフィシャルウェブサイト
本日(11月25日)、 Jユースカップ 決勝トーナメントの組合せが発表されました。
エスパルスユースの初戦(12月12日)の対戦相手はサンフレッチェユースになりました。 サンフレッチェユースは今年、クラブユースと高円宮杯の2冠を達成しており、恐らく現時点で ユース世代の中では最強のチームであると思われます。 対するエスパルスユースも高円宮杯準優勝のジュビロユースとJユースカップの予選リーグでは 互角の戦いをするなど確実にその実力は上がって来ている様です。 是非良い試合をし、そして勝利することを期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.24

真田選手引退

清水GK真田が今季限りで引退 日刊スポーツ
真田選手が今シーズン限りで引退するという報道がされました。 まだ、オフィシャルでの発表はありませんが、長年に渡ってエスパルスのゴールを守ってきた 選手の引退は寂しいものがあります。最近は試合に出場しない状態が続いていましたので、来期 の去就が気になってました。残念ですが、出来れば今後はぜひコーチングスタッフに就任して 若手の育成に尽力していただきたいと、個人的には期待したいと思います。
【追加】2004.11.24
先程、オフィシャルホームページで正式に発表がありました。 11月28日の試合終了後に記者会見が開かれるようで、その時に今後のことが何かしら発表されるかも しれません。
真田選手、長い間お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟県中越地震復興支援チャリティーマッチメンバー発表

新潟県中越地震復興支援チャリティーマッチ がんばれ新潟! ジーコジャパン ドリームチーム 対 アルビレックス新潟(12/4@新潟スタジアム) ジーコジャパン ドリームチームメンバーについて(04/11/24) 日本サッカー協会
本日(11月24日)、12月4日に行われる新潟県中越地震復興支援チャリティーマッチに 出場するジーコジャパンドリームチームのメンバー発表がありました。
三浦カズ選手や中山選手と共にエスパルスから森岡選手、澤登選手、伊東選手の3名が 選出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.23

2004年J1セカンドステージ第14節

セレッソ大阪2-1清水エスパルス
得点者:
(セ大)久藤、古橋
(清水)杉山
前半、9分セレッソ久藤選手に先制ゴールを許します。 26分小競合いで曺宰溱(チョ ジェジン、以降チョと略)選手にイエローカード。 28分セレッソ古橋選手に凄いゴールを決められ2点のビハインド。 42分杉山選手にイエローカード。 ロスタイムCKから杉山選手がヘッドでゴールを決め1点返し前半が終了しました。
後半、18分アラウージョ選手から平松選手、23分久保山選手から北嶋選手、 ロスタイム高木選手から村松選手に交代。 何度かチャンスを作りますがゴールまで結びつけることが出来ず、そのまま タイムアップを迎えます。
やはり先に2点のリードを許してしまうとどの様な試合でも逆転するのは難しく、来シーズン、 如何にして失点を防ぎ、決定力を上げていくのかという根本的な課題が改めて突きつけられました (現時点で29試合消化して得点36、失点50、得失点差-14)。 とにかく次節のホーム最終戦を勝利で締めて、来期に向けてチーム力を上げていただきたいと 思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.22

高校サッカー選手権静岡県予選決勝

藤枝東、不満の連続2冠/高校サッカー 日刊スポーツ静岡版
昨日(11月21日)高校サッカー選手権の静岡県予選決勝が行われ、藤枝東が常葉学園橘を1-0で 破り全国大会の切符を手にしました。今年は決勝トーナメントの初戦で特別シード4校の内、 3校が敗れるという波乱がありましたが、最終的には実績のある藤枝東が勝ち残りました。
前回は初戦敗退という屈辱を味わった藤枝東が今年はどこまでやってくれるでしょうか。 藤枝東はエスパルスジュニアユース出身者も何人かいますので全国大会での活躍を注目したい と思います。
【追加】2004.11.22
組み合わせ決定!前回覇者国見は鹿島学園 日刊スポーツ
本日(11月22日)組合せ抽選会が行われ藤枝東の初戦の相手が佐賀東に決定しました。 順調に勝ち上がれば3試合目で国見と対戦する可能性があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.21

中日本ユースサッカースーパーリーグ(U-17/U-18)順位決定戦

えすぱっ子 速報板 えすぱっ子
えすぱっ子さんの速報によると、 中日本ユースサッカースーパーリーグ(U-17/U-18) の順位決定戦でエスパルスユースのU-17が優勝、U-18が7位になった模様です。
この大会、中部地方のユース世代の強化を目的としているようですが主催者や大会規定なども良く 分からずU-17の試合にU-18の選手が出場していたりと不明な点が多い大会ですが、優勝するのは いずれにしても良いものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.20

2004年J1セカンドステージ第13節

清水エスパルス2-1柏レイソル
得点者:
(清水)曺宰溱(チョ ジェジン)、平松
(柏)玉田
前半、チャンスは作りますが決めることが出来ず無得点で終了しました。
後半、11分太田選手の右サイド突破からのクロスを曺宰溱(チョ ジェジン、以降チョと略)選手 がヘッドでゴールを決め先制します。 35分アラウージョ選手から平松選手、チョ選手から北嶋選手に交代。 38分玉田選手にゴールを決められ終盤で同点に追いつかれます。 41分久保山選手から澤登選手に交代。 44分平松選手が起死回生のゴールを決め、この得点が決勝点となり勝利をもぎ取りました。
とにかくこれでJ1残留が決定しました。
来期はチーム数が18に増え、今年以上に入替条件も厳しくなります。 これから改善しなければならない課題は多くありますが、有望な新人も加入しますし、 選手全体の質の向上をし上位を狙えるチームを作ってほしいと思います。 それにしても今日は良く勝ってくれました。選手の皆さんありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2004.11.19

エスパルス選手補強5

本日、エスパルスオフィシャルホームページより 筑波大学MF兵働選手の加入内定の発表がありました。 これで現時点で来期の選手補強は5人となりました。
DF
 清水商業高校 平岡選手
 鹿児島実業高校 岩下選手
MF
 筑波大学 兵働選手
FW
 東海大学付属第五高校 財津選手
 滝川第二高校 岡崎選手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.18

エスパルス選手補強4

本日、エスパルスオフィシャルホームページより 鹿児島実業高DF岩下選手と兵庫滝川二高FW岡崎選手の加入内定の発表がありました。 これで現時点で来期の選手補強は4人となりました。
DF
 清水商業高校 平岡選手
 鹿児島実業高校 岩下選手
FW
 東海大学付属第五高校 財津選手
 滝川第二高校 岡崎選手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.17

W杯アジア1次予選シンガポール戦

日本代表1-0シンガポール代表
得点者:
(日本)玉田
(シン)-
前半、13分本山選手のスルーパスから玉田選手が裏のスペースに抜け出して先制ゴールを 決めます。 その後、何度かチャンスは有りましたが、なかなかシンガポールディフェンスを決定的に崩しきる ところまでは行かずゴールすることは出来ませんでした。 勝負のドリブルをする選手がほとんどいないため後半は大久保選手などが投入されそうです。
後半、14分藤田選手に替えて大久保選手投入、27分玉田選手に替えて鈴木選手投入、 35分小笠原選手に替えて三都主選手投入。 終了間際にあわや同点かというシンガポールのシュートはGK土肥選手が弾いて事なきを得ました。 ポストに弾かれるFKやシュートもありましたがノーゴールで試合は終了しました。
今日はとりあえず勝利しましたが、やはりサブのメンバーを今まで実戦でほとんど使用して いなかったためのコンビネーション不足がはっきり出てしまいました。 最終予選に向けてレギュラーメンバーに加えてどれだけオプションを増やすことが出来るのか また注目していきたいと思います。それにしても今日の試合でサブのメンバーを試すことが 出来たのは今後を考えると大きかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.16

Jユースカップ予選リーグDグループ突破決定

Jユースカップ 予選リーグDグループの出場を辞退されたアルビレックスユースとの未消化試合の扱いが本日 (11月16日)発表されました。 Jリーグの判断は「0対3で敗戦したものとする」ということでした。
この結果、エスパルスユースの最終成績は勝点12、得失点差5となり、他の予選リーグの結果を 待たず予選リーグ突破が決定しました。
尚、決勝トーナメントは12月12日から始まります。 日本クラブユースサッカー連盟代表4チームの内、関西・北信越・東海プレーオフからの代表が ホンダFCになりましたので、エスパルスユースと対戦することもあるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エスパルス選手補強3

本日、エスパルスオフィシャルホームページより東海大学付属第五高校FW財津選手の加入内定の 発表がありました。
これで獲得報道があった兵庫滝川二高FW岡崎選手、加入内定が先日正式に発表された 清水商業高校DF平岡選手に加えて3人目の補強となりました。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2004.11.15

Jユースカップ予選リーグDグループ最終結果

Jユースカップ 予選リーグDグループの全日程が終了しエスパルスユースは最後にジュビロユースに抜かれて2位( 勝点9得失点差2)になりました。 予選リーグの突破条件は1位と2位の上位5チームとなっていますが、 現時点で勝点9は5位グループにありますが、同じく勝点9のヴェルディユースがあと1試合を 残していますのでさらに勝点を積み上げると6位以下になります。 ここで問題になるのが出場を辞退されたアルビレックスユースとの未消化試合の扱いです。 この件は明日(11月16日)のJリーグ理事会で決定します。 どの様な判断になるのか分かりませんが現状での予選リーグ突破は大変に苦しくなりました。 とにかく明日のJリーグ理事会の判断が出ましたらこちらでも報告したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.13

第84回天皇杯全日本サッカー選手権大会4回戦

清水エスパルス0-1大宮アルディージャ
得点者:
(清水)-
(大宮)バレー
前半、17分接触により痛んだ黒河選手が真田選手に交代。 27分バレー選手に先制ゴールを許します。 このまま前半を終了しました。
後半、開始からメンバー変更をし、池田選手を下げ杉山選手を投入。 さらに17分久保山選手から澤登選手に交代。 思わぬアクシデントからゲームプランが狂ったのかもしれませんが、 結局最後までゴールすることが出来ず天皇杯初戦敗退となりました。
今日の収穫は杉山選手のコンディションが上がってきたことでしょうか。 とにかくもう今日の試合は忘れてJリーグに集中し次の試合で残留を決定して ほしいと思います。 痛んだ黒河選手が気になりますが大事に至らないことを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.11.12

エスパルス選手補強2

本日、エスパルスオフィシャルホームページより清水商業高校DF平岡選手の加入内定の 発表がありました。待望のDF獲得です。
これで獲得報道があった兵庫滝川二高FW岡崎選手に加えて2人目の補強となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.10

プリンスリーグ東海入替戦について

プリンスリーグ東海の入替戦が一月後に近づいてきました。プリンスリーグ東海の下位2チームが 東海4県のトップリーグ代表チームで行われる入替戦の勝者2チームと自動入替になります。
入替戦は正確には東海プリンスリーグ参入戦といい、大会は12月11日~12日の期間に渡って行われ ます(実際の入替システムは少し複雑ですので 「東海プリンスリーグ参入戦」の解説をご覧ください)。 今年の静岡県の代表は清水東高と磐田東高ですので将来の高円宮杯を目指して頑張っていただきたい と思います。
ちなみに今年は静岡県の5チーム(エスパルスユース、ジュビロユース、藤枝東高、静岡学園高、 浜名高)の降格はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.08

曺宰溱(チョ ジェジン)選手韓国代表に選出

韓国代表に安貞桓らJリーグ勢3人 日刊スポーツ
曺宰溱(チョ ジェジン、以降チョと略)選手が11月17日の韓国代表のモルジブ戦に招集 されました。韓国はこの試合にワールドカップ1次予選突破がかかってますので活躍を期待 したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.11.06

Jユースカップ2004予選リーグ第5節

えすぱっ子 速報板 えすぱっ子
えすぱっ子さんの速報によると、ジュビロユース戦は2-3で敗戦した模様です。
エスパルスユースは従来のフォーメーションである4-4-2に変更し臨みました。 試合は上埜選手、篠田選手のゴールで2度同点に追いつくものの最後に決勝となるPKを 決められ敗れました。
これでエスパルスユースは予選リーグの試合を3勝2敗、勝点9、得失点差2で終了しました。 予選突破を現時点で決めることは出来ませんでしたので今後の展開を見守りたいと思います。
【訂正】
昨日フォーメーションを4-4-2としましたが、えすぱっ子さんの詳細レポートで4-1-4-1 だったことが分かりましたので訂正させていただきます。尚、最終的に予選突破チームが決定する のは11月16日のJリーグ理事会後となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年J1セカンドステージ第12節

浦和レッドダイヤモンズ2-1清水エスパルス
得点者:
(浦和)酒井、田中闘
(清水)北嶋
前半、シュート数2-15という様に浦和に相当攻められますが、ディフェンスが何とか 踏ん張りカウンターでチャンスを窺います。 27分カウンターから太田選手が右サイドを突破しゴール前の北嶋選手にパス。これをゴール に流し込みエスパルスが先制します。
後半、開始から久保山選手に交代し怪我で長期離脱していた杉山選手を投入します。 23分酒井選手のシュートが森岡選手に当たる不運なゴールで同点に追いつかれます。 30分同時に平松選手からアラウージョ選手、高木選手から澤登選手に交代。 39分CKからの折り返しを田中闘選手に決められ遂にリードを許しました。 試合はその後、浦和がキープに入りなかなかエスパルスがボールを奪えないままタイムアップと なり悔しい敗戦を喫しました。
今日の試合、選手は持てるパフォーマンスを精一杯出してくれたと思いますが、 悔しいですが浦和の選手のパフォーマンスがそれを上回りました。 スピードだけでなくフィジカルでも負けていました(コンタクトで倒されるのはエスパルスの 選手ばかりでした)。 浦和の選手のシュートミスが無ければもう少し点差をつけらていたかもしれません。 エスパルスの選手は今後フィジカルも含めて改めてパフォーマンスを上げる必要性を感じたと 思います。 しかし、シーズンは残り3試合になりました。急にパフォーマンスを上げることはできないでしょう が次節まで2週間あるので戦術も含めて相手チーム対策を万全にして試合に臨み、そしてなるべく 早い時期に残留を決めることを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.11.05

日本代表メンバー発表

2006FIFAワールドカップドイツ大会 アジア地区第一次予選 グループ3 (対 シンガポール戦 11/17)日本代表チームメンバーについて(04/11/5) 日本サッカー協会
本日(11月5日)、11月17日に行われるワールドカップドイツ大会アジア地区一次予選シンガポール戦に 出場する日本代表メンバー18人の発表がありました。 色々話題を呼んでいたシンガポール戦のメンバー選考ですが、直前にAFCからベストメンバーで 行うようにとの通達もあり無難な線に落ち着き安心しました。 これで強行にジーコ監督が持説を押し通していたらもしかしたらAFCまたはFIFAから出場停止処分 などが出ていたかもしれないことを考えると協会は良く説得に成功してくれたと感謝したい気持ち です(ワールドカップの規約については分かりませんが、Jリーグ規約では先発メンバーを本来のスタメンから 大幅に替えた場合、制裁金や出場停止処分などの罰則があります)。
メンバーはFWに大久保選手が招集された以外は従来のメンバー(ヨーロッパ組を除く)です。 今回もエスパルスからの選出はありませんでしたが、今はリーグ生き残りの方が重要なので 今回に限っては召集されないことに安心しました(以前報道されたメンバーに澤登選手の名前も 入っていたので正直心配していました)。
明日はアウェーの浦和戦ですがとにかくメンタル面で押されないようにしてほしいと切に願います。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2004.11.04

明日W杯アジア1次予選シンガポール戦メンバー発表

W杯アジア1次予選シンガポール戦のメンバーが明日(11月5日)発表されます。
色々話題を呼んでいるシンガポール戦のメンバー選考ですが、スポーツライターの増島みどりさんの ホームページでジーコ監督の真意を知ることができました。 納得できる部分と納得できない部分がありますが、少なくとも最初にサブのメンバーにシンガポール 戦についての考えを聞いたことについては感心しました。 とにかく明日どのようなメンバーが発表されるのか注目したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.11.03

Jユースカップ2004予選リーグ第4節

えすぱっ子 速報板 えすぱっ子
えすぱっ子さんの速報によると、ベルマーレユース戦は1-2で敗退した模様です。
エスパルスユースはジュビロユース戦のスタメンでボランチを務めた池田選手が警告累積で出場停止 のため桑原卓選手がCBからボランチに回り、CBに佐野選手、トップに長沢選手に替わって 石垣選手が入るという変更で試合に臨みました。
試合は山本真希選手のゴールで先制するものの逆に2ゴールを許し悔しい敗戦を喫しました。 これでJユースカップDグループは混沌としてきました。
予選リーグは次節ジュビロユース戦(11月6日)が最終戦になります。 日程が厳しいですが、ぜひ良い試合をして勝利することを期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.02

コンフェデレーションズカップドイツ大会組合せ

死のB組!優勝争いは南米勢が中心か 日刊スポーツ
2005年6月にドイツで開催されるFIFAコンフェデレーションズカップの組合せ抽選会が昨日(11月1日)に 行われ、日本はB組でブラジル、ギリシャ、メキシコと同じ組に入りました。
ヨーロッパ勢などは2004-2005シーズン終了後のイベントですが、日本にとってはJリーグの真っ最中 であることに加えてW杯アジア最終予選(2月9日~8月17日)の最中のイベントでもあります。 しかし、2006年のワールドカップで日本代表の実力がどれだけ出せるかを計る絶好の機会でもあるの でぜひ良い成績を出すことを期待したいと思います。
しかし、すごい組に入りました。ブラジルはもちろん凄いのは当たり前ですが、ギリシャは EURO2004の優勝国ですし、メキシコもワールドカップの常連国です。 良い経験になることは間違いないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.11.01

Jユースカップ次は湘南戦

前節、磐田に劇的な逆転勝ちをしたエスパルスユース(以降清水と略)ですが次節(11月03日)は 湘南と対戦します。 磐田には直前の2試合の対戦で0-5、0-5と大敗を喫していましたので選手達には借りを返す ことが出来たと共に大いに自信になったと思います。 次節、中盤で潰し役を務めていた池田康彦選手が警告累積2回で出場停止なのは痛いですが 全員が協力して勝利することを期待したいと思います。
尚、 JユースカップDグループは暫定ですが現在、清水が勝点9で首位に立っていますので、このまま首位で 予選リーグ突破してほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »