« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004.10.30

2004年J1セカンドステージ第11節

清水エスパルス1-2名古屋グランパスエイト
得点者:
(清水)澤登
(名古屋)マルケス2
前節からメンバーとポジションを相当変えて試合に臨みました。 トップに曺宰溱(チョ ジェジン、以降チョと略)選手と平松選手。トップ下に久保山選手。 ボランチは戸田選手の位置に村松選手。ディフェンスは森岡選手のポジションに鶴見選手が 入りました。
前半、エスパルスが積極的にプレスをかけグランパスを押さえていましたが、 44分ゴール前のFKからマルケス選手に先制ゴールを決められました。 後半にサブの選手をどう使うか注目したいと思います。
後半、立ち上がりから久保山選手に替えて澤登選手を投入しました。 7分マルケス選手に再びゴールを決められ2点のリードを許します。 12分村松選手に替えてアラウージョ選手を投入。 14分平松選手のクロスを受けた澤登選手がGKとの1対1を制しゴールし1点差に迫ります。 20分チョ選手にイエローカード(累積3回)。 39分太田選手に替えて北嶋選手を投入。 試合はそのまま終了し1-2で敗れました。
しかし、今日は2点リードされてからも積極性を失わず1点返すことが出来ました。 確かに敗戦は痛いですが選手の頑張りは良かったと思います。 まだ、ミスがありますが積極的なミスは全然構いません。イージーミスをしたら必ずカバーすること を忘れなければ失点は防げます。ミスを恐れてプレーが消極的になる方が今は問題です。 とにかく、これからも攻撃に守備にどんどんトライしていってください。 選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Jユースカップ2004予選リーグ第3節

えすぱっ子 速報板 えすぱっ子
えすぱっ子さんの速報によると、ジュビロ磐田ユース戦は3-2で勝利した模様です。
エスパルスユースは前半2点先制されますが、後半に村越選手、鈴木選手のゴールで同点。 そして枝村選手をジュビロGK八田選手が倒して得たPKを山本選手が決めて遂に逆転。 試合はそのまま終了し今年大敗していた借りを1つ返し、これでエスパルスユースは負けなしの 3連勝を飾りました。
トップもこの勢いを引き継いで勝利してほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.29

明日はグランパス戦

セカンドステージ対グランパス戦が明日に迫ってきました。 前節ヴェルディ戦での敗戦を払拭することができるか注目の一戦です。 エスパルスは主力の森岡選手と戸田選手を出場停止で欠く苦しい布陣となりますが、 ここはサブの選手の頑張りに期待します。 そして、選手全員が勝利への執着心を持ち、攻撃だけでなく守備でも気迫あるプレーをする ことを信じたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.27

エスパルス練習に小野正朋選手参加

小野弟、憧れの清水で練習初参加 日刊スポーツ静岡版
滝川二高FW岡崎選手に続いての来期の補強2人目になるか分かりませんが小野正朋選手(フリー) が10月26日エスパルスの練習に参加しました。小野選手は清水商を1年で退学後、ドイツブンデス リーガ2部のザールブリュッケンの3軍で半年間プレーした後はどこのチームにも所属していなか ったようです。ポジションはMFでFWも出来ると聞いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.25

とにかく今出来ることを

ヴェルディ戦で壊滅的な敗戦を喫したエスパルスですが、残り5戦を悔いが残らないように 戦っていただきたいと思います。
ヴェルディ戦の中継を見ましたが守備では、あと数歩の詰めが足りずパスを回されたり、プレス できる位置に居ながらプレスを掛けに行かない、ボールを取られたら追うのを諦めてしまう、などの ケースが多数見られました。 そのため守備全体がルーズになりヴェルディにいいようにパスを回されて しまい、特に後半は一方的にエスパルスサイドに押し込められ反撃の糸口がなか なか見出だせない展開に終始してしまい非常に歯がゆい試合でした。
しかし、一番悔しいのは選手自身だと思います。そして敗戦の原因を一番知っているのも 選手自身だと思います。ファーストステージのジュビロ戦は選手全員がサボることなく前線から のプレスや中盤での潰しを行っていましたので、もう一度あのプレーを思い出すことを 願ってやみません。選手個人の能力が低ければこの様なことは言いません。もう一度自分の 能力に気づいてほしいと思います。気持ちで最初から負けていたら勝負になりません。 ぜひ輝くエスパルスを見せてほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.23

2004年J1セカンドステージ第10節

東京ヴェルディ19694-0清水エスパルス
得点者:
(東京)ウベダ、桜井、平野、ウーゴ
(清水)-
前半、ほとんどの時間をヴェルディに支配される展開で試合は進みました。 11分森岡選手、34分高木選手にイエローカード。 38分ヴェルディのCKからウベダ選手に合わされゴールを許します。 40分森岡選手が2枚目のイエローカードを受け退場。 後半この展開をどう打開するのか注目したいと思います。
後半、開始から平松選手に代わって澤登選手を投入しました。 11分北嶋選手からアラウージョ選手に交代。 13分ヴェルディ桜井選手がゴール。 15分戸田選手にイエローカード(累積3回)。 19分ヴェルディ平野選手、33分ウーゴ選手がゴール。 大変悔しい試合展開での敗戦となりました。
やはり森岡選手の退場は非常にチームにダメージになり、立て直すことができませんでした。 DFを本日の試合でベンチに入れていなかったのも今となっては不思議です。 通常DFが退場になった場合はFWを1枚削ってDFを投入するのが定石ですが本日は投入する DF(CB)がベンチにいませんでした。 次節は森岡選手と戸田選手が出場停止となります。 CBが出来るDFはあと鶴見選手しかいませんので次節は鶴見選手をスタメンで使うとして サブのメンバーが本当に底をつきそうです(こうなると高木和道選手の移籍が痛いですね、 次節名古屋戦は和田、高林選手の中から誰かががサブで入るかも知れませんが背が それ程高くないのでハイボールへの対応に不安が残ります)。 そういえば村松選手がボランチに入るとボランチのサブもいませんね。 サテライトの試合に出ていたユースの山本真希選手や池田康彦選手のトップ登録が現実味を 帯びてきたような気がするのは私の気のせいでしょうか。
エスパルスにとって試練の時を向かえました。残り5戦をどの様に戦うのか、 ディフェンスを中心に立て直していくしかありませんが、 とにかくメンタルだけは相手に負けないことを期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Jユースカップ2004予選リーグ第2節

えすぱっ子 速報板 えすぱっ子
えすぱっ子さんの速報によると、 湘南ベルマーレユース戦は3-1で勝利した模様です。
エスパルスユースは前節と同じ3-4-2-1のフォーメーションで臨みました。 スタメンは枝村選手が怪我の影響か外れ上埜選手が前節後半の様に同じポジションに入った他は 変更ありませんでした。枝村選手は後半に交代出場しましたが篠田選手がサブにも入っていない のが気になるところです。
試合はPKで失点したものの前半の谷野選手、山本選手(2)の得点で無難に勝利をしました。 後半は得点できませんでしたがメンバーを見ると最終的に1年生が6人入ってますので経験という 意味でも今後に活かせる試合だったような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.21

Jユースカップ次は湘南戦

前節、新潟に1-0で勝利したエスパルスユース(以降清水と略)ですが次節(10月23日)は湘南と 対戦します。 えすぱっ子さんの試合レポートによると新潟戦ではかなり押し込まれディフェンス面等で課題を残し ながらも勝利した清水がこの次はどの様な戦いをしてくれるか楽しみにしたいと思い ます。
尚、 JユースカップDグループはまだ1~2試合を終えたばかりの段階ですが現時点で清水、磐田、湘南が勝点3で並 び、新潟が勝点0となっています。試合消化は清水と磐田が1試合、他が2試合です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.19

警告累積回数の仕組み

前節で戸田選手がイエローカードによる警告を受けたのですが4節で警告2回で退場になって 警告累積回数がリセットされてからは警告を受けていないので累積は1回と思っていました。 しかし、報道などで警告2回の中に戸田選手が入っていたので不思議でした。 結論を言えば私の勉強不足だったのですが「1試合に2回の警告を受けた場合、この警告は累積に算入されません」というJリーグの規約があったのですね。 調べたら3、4節の警告2回×2はこの規約で無いことになり1節の警告と前節の警告で合計2回 ということでした。ですから次に警告を貰うとセカンドステージで3回目の出場停止ということに なります。確かにヨーロッパでは深いタックルをしてもカードが出ないことが多いのですがここは 日本なのでもう少しチームのことも考えて審判の特性を早く理解しイエローを減らす努力をして ほしいと思いました。
とにかく、これで出場停止にリーチがかかってしまった選手が4名ということで、 最近のエスパルスは警告が多いですね。何とか次の試合で出場停止者を出さず、そして良い試合を して勝利することを願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.17

2004年J1セカンドステージ第9節

清水エスパルス1-2ジェフユナイテッド市原
得点者:
(清水)伊東
(市原)サンドロ、林
前半、チャンスは何度か作りますが無得点で終了します。 26分戸田選手、32分高木選手にイエローカードが出されました。
後半、8分サンドロ選手に先制ゴールを許します。 17分曺宰溱(チョ ジェジン、以降チョと略)選手にイエローカード。 23分澤登選手から久保山選手に交代。 25分チョ選手のシュートの跳ね返りに詰めた伊東選手がゴールし同点に追いつきます。 そのまま引き分けと思われたロスタイム林選手をフリーにしゴールを決められ悔しい敗戦と なりました。
今日の試合は敗戦も痛かったのですがイエローカードも今後を考えると非常に痛かったです。 この試合でイエローカードを受けたチョ選手が出場停止にリーチがかかりました。 その他にも斉藤選手と鶴見選手がイエローカードを2枚貰ってます。 戸田選手もまたイエローカードを今日受けてしまいました。 連携やパス・シュート精度、フィジカルを上げることもチームとして重要ですが、今後ファールを 減らしていく努力も改めて考える必要があるのではと思えた試合でした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.10.16

Jユースカップ2004予選リーグ第1節

2004年10月16日(土)  Jユース杯 アルビレックス新潟戦 えすぱっ子
えすぱっ子さんの速報によると、アルビレックス新潟ユース戦は1-0で勝利した模様です。
エスパルスユースは先日の清水商との練習試合とほぼ同じメンバーで試合に臨みました。 フォーメーションはエスパルスユース伝統の4-4-2ではなくトップと同じ3-4-2-1 を採用してるということはトップ昇格時にスムーズに入れることも狙っているのかなと 想像してしまいましたがどうなんでしょう。
初戦を勝利したエスパルスユースですが、次節は新潟に5-0で勝利した湘南との 対戦です。これでグループの力関係が大体見えてくると思います。 あと1チームグループにはいますがまあ強いのは分かってますのでエスパルスユースには 何とか一矢報いてほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.14

Jユースカップまもなく初戦

Jリーグ全28チームとJCY所属4チームのユースチームで争われる Jユースカップ という大会が行われています。 エスパルスユースの初戦が10月16日に迫ってきました。大会は最初Jユースのみで予選リーグが 行われます。エスパルスユースはDグループ(湘南ベルマーレ/アルビレックス新潟/清水エスパルス/ジュビロ磐田)に組み込まれ、初戦はアルビレックス新潟です。 ちなみに去年エスパルスユースは3位になり、阿部選手が得点ランク3位になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W杯アジア最終予選スケジュール

気が早いですがW杯アジア最終予選のスケジュールです。 抽選会の日程だけ不明だったのですがスポーツライター増島みどりさんのホームページで 知ることができました。 抽選会は12月9日に行われ、日本は韓国(まだ決定してませんがほぼ1次予選は突破できそうです) と共にシード国となり直接対決はないそうです。
最終予選は1次予選突破8チームを2グループに分け各グループ2位までが無条件でワールド カップ出場となり、各グループの3位のチームがホームアンドアウェーの対戦をし勝者が 北中米およびカリブ海地区とのプレーオフを行います。 最終予選は1次予選と同じくホームアンドアウェーで2月9日~8月17日の期間に渡って開催 されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W杯アジア1次予選オマーン戦

オマーン代表0-1日本代表
得点者:
(オマ)-
(日本)鈴木
前半、日本はチャンスをほとんど作ることが出来ませんでした。 オマーンにスピードで振り切られる場面もありましたが何とかディフェンスが失点せずに しのいでくれました。
後半、7分中村選手のクロスからファーに飛び込んだ鈴木選手がヘッドで先制ゴールを決めます。 これで日本に余裕が出来、オマーンに焦りを呼ぶ展開になりました。 川口選手がゴール前のクロスに飛び出して相手と接触しフリーでシュートを撃たれる決定的な 場面もありましたがゴールマウスにカバーに入った田中選手がこれを弾きます。 この試合最大のピンチをしのいだ日本はその後、得点は出来ませんでしたが無難に勝利を手に してくれました。
途中で通訳が退場するというハプニングもありましたが、これで1次予選突破が決まりました。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2004.10.12

天皇杯4回戦日程決定

第84回天皇杯 全日本サッカー選手権大会 4回戦以降の組合せ決定について(04/10/12) 日本サッカー協会
エスパルスの天皇杯4回戦の日程が決定しました。 11月14日 13:00(日本平)で対戦相手は大宮アルディージャとのことです。
大宮アルディージャは現在J2で2位に付けており、このまま順調にいけば来年J1昇格となる ため相当気合を入れて試合に臨んでくることが予想されます。 大宮にはトゥット選手、久永選手、安藤選手などがおり、なかなか厳しい試合になるかも しれませんが是非勝利を期待したいと思います。
【追加】2004.10.13
第84回天皇杯 全日本サッカー選手権大会 4回戦 清水エスパルスvs.大宮アルディージャ(日本平スタジアム) 試合日変更のお知らせ(04/10/13) 日本サッカー協会
天皇杯の日程が11月14日から11月13日に変更になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.11

高円宮杯全日本ユースサッカー選手権決勝

ジュビロユース0-1サンフレッチェユース
得点者:
(ジュ)-
(サン)前田
高円宮杯決勝はサンフレッチェユースが勝利し優勝を手にしました。
ジュビロはGK八田選手が何度も決定機を止めてましたが、後半13分にサンフFW前田選手に 個人技から突破されゴールを決められてしまいました。 試合を通して見てもやはりサンフレッチェユースの方が少し上かなという印象でした。 ジュビロも後半30分頃から圧倒的に押し込み、最後はGKまで上げて攻めたものの決められ なかったのが痛かったですね。しかし、良い試合を見せてもらいました。
これでサンフレッチェユースがクラブユースに続いて2冠を達成しました。 今回、エスパルスユースはグループリーグで敗退してしまいましたが、来年はぜひこの場所に 立つ姿を見てみたいと改めて思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高円宮杯全日本ユースサッカー選手権準決勝

決勝はJユース対決/全日本ユース 日刊スポーツ
高円宮杯準決勝はジュビロユースとサンフレッチェユースが勝利し決勝に進出しました。 去年も含めてここ4大会は高校チームが優勝していた大会でしたが今年はJユースから 優勝チームがでることが確定しました。決勝は良い試合を期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.10

東京オリンピック40年記念イベント日本選抜対ハンガリー選抜

日本選抜1-2ハンガリー選抜
得点者:
(日本)大久保
(ハン)シラ、デアルメイダ
伊東選手がボランチで先発しました。
前半、34分二川選手の縦パスに飛び出した大久保選手がDFをかわして先制ゴールを決めました。 ハンガリーは国内メンバーのみの編成とは言え、日本選抜がほとんど攻める展開で 終始し、伊東選手も堅実にプレーしていました。
後半、戸田選手が服部選手に代わり投入され伊東選手とボランチのペアを組みました。 1分ハンガリーにサイドを突破され上げられたクロスをヘッドで決められ同点に追いつかれて しまいます。 その後、戸田選手がファウルでイエローを貰うという何と申しましょうかという見慣れた展開が ありました。 それにしても後半のハンガリーは前半に比べ随分プレッシャーをかけて来る様になり面白い試合に なってきました。 その後何度か日本も得点のチャンスがありましたがゴールすることが出来ず、 そのまま同点で終了するかと思われた45分左サイドを崩されハンガリーに勝ち越しゴールを 決められ、日本はチャンスでシュートを決められなかったのが最後に響いてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エスパルス選手補強

滝川二FW岡崎が清水入り 日刊スポーツ
兵庫滝川二高FW岡崎選手の獲得報道がありました。まだ、オフィシャルからの発表はありませんが 決まれば来年度補強第1号ということですね。他チームも来年の補強計画が徐々に出てきてますが エスパルスだけ何の発表もなかったので少し心配していました。あとはDFの良い補強が出来ること を個人的には期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

AFC U-20サッカー選手権決勝

日本U19、PK決着で3位/アジアユース 日刊スポーツ
AFC U-20サッカー選手権決勝は韓国が中国を破って優勝しました。
序盤は調子が出なかった韓国でしたが、さすが優勝候補というところでしょうか。 日本も韓国に負けず次の大会はぜひ優勝を目指してほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.09

AFC U-20サッカー選手権3位決定戦

日本、PK戦制し3位/アジアユース 日刊スポーツ
U-19シリア代表戦はU-19日本代表が勝利しました。
最後はまたPKまで突入しましたが何とか勝利し3位で大会を終了してくれました。 今回はとにかく来年の世界選手権の切符を掴むことが最優先課題だったと思いますので 優勝できなかったのは残念ですが今はお疲れ様でしたと言いたいです。 今後それぞれのチームに戻り、よりいっそうレベルアップした姿を来年見せてほしい と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.08

U-20世界選手権に向けメンバーの入れ替えを大熊監督示唆

メンバー大幅入れ替えを明言 U19 スポニチアネックス
2005年6月10日オランダで開催されるU-20世界選手権に参加するメンバーを今回のAFC U-20サッカー 選手権のメンバーから大幅に入れ替えることを大熊監督が考えていることが報道されました。
まだ大会が開催されるまで8ヶ月あるのでその間選手のスカウティングが大々的に行われることに なるのでしょう(報道ではエスパルスユースの山本真希選手の名前も出ていました)。 報道ではフィジカルの事しか言及されていませんでしたが今回の代表で足りないと思われる 中盤の構成力なども選考基準の1つにしてほしいですね。 ただ韓国戦の様に中盤を省略して前線にボールを出すだけのプレースタイルをU-20世界選手権でも 取るのなら全然選考ポイントが変わってしまいますが果たしてどうなるでしょうか。 大熊監督のチーム作りも気になる点ではあります。 とにかく今はどの様な魅力あるチームになるのか楽しみです。
最後にエスパルス絡みで言うと杉山選手が間に合えば中盤の良い補強になると思うんですが怪我が 早く回復することを願いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.06

AFC U-20サッカー選手権準決勝

日本、PK戦で敗退/アジアユース 日刊スポーツ
U-19韓国代表戦はU-19日本代表が敗退しました。
試合は延長戦でも決着がつかずPK戦で惜しくも敗れましたが日本代表の驚異的な粘りには 敬意すら抱きました。この粘り強さを来年オランダで開催されるU-20世界選手権で 是非生かしていただきたいと思います。
大会はまだ3位決定戦を残してますので最後は勝って日本に戻って来ることを期待します。
【追加】2004.10.06
3位決定戦の相手はシリアになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.04

高円宮杯全日本ユースサッカー選手権準々決勝

広島ユースなどが4強進出/全日本ユース 日刊スポーツ
高円宮杯準々決勝は鵬翔高、サンフレッチェユース、鹿児島実業高、ジュビロユース が準決勝に勝ち上がりました。
Jユースはサンフレッチェユースとジュビロユースが残りクラブユースの優勝、準優勝チームの 進出となりました。この中にエスパルスユースがないのは残念ですが来年に期待したいと思います。 高校は高校総体の優勝、準優勝チームがグループリーグで共に敗退するという結果は意外といって は失礼ですが驚きました。準決勝に進出した鹿児島実業高は市船橋高を倒してのグループリーグ 突破、鵬翔高は興味ある選手が出てきており今年の高校選手権の勢力図も変わりそうです。
準決勝は2試合共Jユースと高校の対戦となりました。良い試合を期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.03

AFC U-20サッカー選手権準々決勝

U-19日本代表0-0(PK5-3)U-19カタール代表
得点者:
(日本)-
(カタ)-
U-19カタール代表戦はU-19日本代表が勝利しました。
前半、カタールが押し気味に試合を進めます。日本はセカンドボールをほとんど取ることが 出来ず苦しい展開が続きましたがディフェンスが何とか無失点で押さえ終了しました。
後半、今度は日本が押し気味に試合を進めますがカタールも守備が堅く得点出来ず延長に 突入しました。
延長前半から森本選手投入するも無得点で遂にPK戦に突入しました。
PK戦は、
 日 ○○○○○5
 カ ○○○×-3
いやー良くやってくれました。これで世界への切符が掴めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.02

2004年J1セカンドステージ第8節

ジュビロ磐田1-2清水エスパルス
得点者:
(磐田)グラウ
(清水)曺宰溱(チョ ジェジン)2
前半、エスパルスはサポート不足、連携ミス、クロスのミスなどでチャンスをなかなか作ることが 出来ず、チャンスを作ってもフィニッシュの精度が悪いなどで得点を上げることが出来ません でした(30分過ぎ頃からは徐々に良い組み立ても見られる様になりましたが)。 ディフェンスはジュビロにボールは回されてますが決定的な場面は潰してますので 前半は破綻する局面はほとんどありませんでした。
後半、10分DFのミスからシュートされ一旦は西部選手が止めますがこぼれ球をグラウ選手に 決められ先制を許します。 16分アラウージョ選手から平松選手に交代。 17分右サイド太田選手からのクロスを曺宰溱(チョ ジェジン、以降チョと略)選手が高い打点 のヘッドでゴールに叩き込み同点に追いつきます。 25分澤登選手から久保山選手に交代。 29分ゴール前のクロスに飛び込んだ久保山選手とGK佐藤選手が接触し、両者大事には至らず と思ったら佐藤選手がプレー続行不可能で岩丸選手に交代。 39分平松選手がポストから左サイドに流しハーフウェーライン付近から走りこんだ伊東選手が シュート、これをGKが弾きますが詰めていたチョ選手がゴールし遂に逆転。 ロスタイムにチョ選手から北嶋選手に交代。 試合はそのままタイムアップとなり劇的な逆転勝ちを収めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高円宮杯全日本ユースサッカー選手権グループリーグ最終戦

えすぱっ子 速報板 えすぱっ子
えすぱっ子さんの速報によると、青森山田戦は3-4で敗戦した模様です。 リードして逆転され追いついてまた離され再度追いつくものの最後にうっちゃられるという 展開だったようです。
これでグループリーグが終了しエスパルスユースは3連敗で最下位となってしまい、 残念な結果で大会を終わることになってしまいました。 怪我人がいるなど不利な条件はありましたが、やはり1勝もできなかったのは選手の皆さん にとっては相当悔しいことだと思います。来年は是非良いチームを作り上げて優勝を目指して ほしいと思います。選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.01

静岡ダービー前日

沢登が静岡ダービーで4つのメモリアル 日刊スポーツ静岡版
明日(10月2日)はいよいよジュビロとの静岡ダービーです。 エスパルス設立当初からチームを支えた澤登選手も色々記録が掛かっているようで 期待大ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »