« Jユースカップ2004予選リーグ第3節 | トップページ | Jユースカップ次は湘南戦 »

2004.10.30

2004年J1セカンドステージ第11節

清水エスパルス1-2名古屋グランパスエイト
得点者:
(清水)澤登
(名古屋)マルケス2
前節からメンバーとポジションを相当変えて試合に臨みました。 トップに曺宰溱(チョ ジェジン、以降チョと略)選手と平松選手。トップ下に久保山選手。 ボランチは戸田選手の位置に村松選手。ディフェンスは森岡選手のポジションに鶴見選手が 入りました。
前半、エスパルスが積極的にプレスをかけグランパスを押さえていましたが、 44分ゴール前のFKからマルケス選手に先制ゴールを決められました。 後半にサブの選手をどう使うか注目したいと思います。
後半、立ち上がりから久保山選手に替えて澤登選手を投入しました。 7分マルケス選手に再びゴールを決められ2点のリードを許します。 12分村松選手に替えてアラウージョ選手を投入。 14分平松選手のクロスを受けた澤登選手がGKとの1対1を制しゴールし1点差に迫ります。 20分チョ選手にイエローカード(累積3回)。 39分太田選手に替えて北嶋選手を投入。 試合はそのまま終了し1-2で敗れました。
しかし、今日は2点リードされてからも積極性を失わず1点返すことが出来ました。 確かに敗戦は痛いですが選手の頑張りは良かったと思います。 まだ、ミスがありますが積極的なミスは全然構いません。イージーミスをしたら必ずカバーすること を忘れなければ失点は防げます。ミスを恐れてプレーが消極的になる方が今は問題です。 とにかく、これからも攻撃に守備にどんどんトライしていってください。 選手の皆さんお疲れ様でした。

|

« Jユースカップ2004予選リーグ第3節 | トップページ | Jユースカップ次は湘南戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/1812019

この記事へのトラックバック一覧です: 2004年J1セカンドステージ第11節:

» 2nd 第11節 名古屋戦 関連記事 [ぱるるアンテナ]
2004年 2nd 第11節 清水エスパルス vs 名古屋グランパス戦 | 日本平 ■関連記事まとめ [続きを読む]

受信: 2004.11.01 13:07

« Jユースカップ2004予選リーグ第3節 | トップページ | Jユースカップ次は湘南戦 »