« 日本代表対アルゼンチン代表 | トップページ | アテネ五輪雑感(8月18日開催分) »

2004.08.19

アテネ五輪サッカー男子予選リーグ最終戦

U-23日本代表1-0U-23ガーナ代表
得点者:
(日本)大久保
(ガーナ)-
日本はスタメンに初めて石川選手(右)、菊地選手(ボランチ)を起用します。
前半、21分駒野選手が傷んでプレー続行不能の判断がされ森崎選手に交代します。 37分センターライン付近から菊地選手がゴール前にクロスを上げ、反応した大久保選手が 飛び出し、ゴールマウスを空けたGKの頭上を越えるループシュートを決め今大会初めて リードを奪います。前半は1点リードのまま終了しました。
後半、ガーナが予選リーグ突破をかけて圧倒的な攻撃を仕掛けます。日本はぎりぎりの ところで相手の攻撃を凌ぐ展開が続き、何度も失点の危機を防ぎます。 そして後半を無失点で何とか凌ぎきり今大会初の勝利を上げました。
これで日本の戦いは終わりました。残念ながら準々決勝への進出は叶いませんでしたが 確実に世界のレベルを体験できたでしょう。今後この経験をJリーグ、日本代表への糧に して成長してくれることを望みたいと思います。選手の皆さんお疲れ様でした。
そして、今大会唯一出場が出来なかった黒河選手はこの悔しさをバネにより一層の努力を し、次のチャンスを掴んでほしいと思います。

|

« 日本代表対アルゼンチン代表 | トップページ | アテネ五輪雑感(8月18日開催分) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/1227267

この記事へのトラックバック一覧です: アテネ五輪サッカー男子予選リーグ最終戦:

« 日本代表対アルゼンチン代表 | トップページ | アテネ五輪雑感(8月18日開催分) »