« アテネ五輪雑感(8月14日開催分) | トップページ | アテネ五輪サッカー男子予選リーグ第2戦 »

2004.08.15

2004年J1セカンドステージ第1節

清水エスパルス1-2横浜Fマリノス
得点者:
(清水)鶴見
(横浜)安2
前半、マリノス優位で試合が進みますが両チーム共無得点で終了しました。
後半、14分久保山選手から澤登選手に交代し状況の打開を図ります。 しかし、18分ドゥトラ選手のクロスを久保選手が折り返したところを安選手に ゴールを決められてしまいました。 エスパルスは市川選手から高木純選手、伊東選手から平松選手に選手をさらに 交代しますが状況を好転するところまで行きません。 35分には再び安選手に決められ2点のリードを許します。 ロスタイムに鶴見選手が意地のゴールを決めますが無情にもそこでタイムアップ。 初戦を勝利で飾ることは出来ませんでした。
まだ、セカンドステージは始まったばかりなので今日の試合を教訓に今後どこまで修正する ことができるか注目していきたいと思います。 あと、守備陣がイエローを貰い過ぎているのでこの点は注意が必要です。 今日はロスタイムの鶴見選手のゴールで敗戦のショックが少し救われましたけど、次節は 勝利を期待したいですね。

|

« アテネ五輪雑感(8月14日開催分) | トップページ | アテネ五輪サッカー男子予選リーグ第2戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/1201509

この記事へのトラックバック一覧です: 2004年J1セカンドステージ第1節:

« アテネ五輪雑感(8月14日開催分) | トップページ | アテネ五輪サッカー男子予選リーグ第2戦 »