« U-23日本代表選手が五輪最終合宿地へ出発 | トップページ | 高木和道選手ヴィッセル神戸に移籍 »

2004.08.03

アジアカップ中国2004準決勝

日本代表3-3、延長1-0バーレーン代表
得点者:
(日本)中田、玉田2、中澤
(バー)A・フバイル2、ナセル
前半、6分バーレーンがスローインからパスを繋いでペナルティエリア内のA・フバイル がDFを背負いながらボールを受け反転して抜け出しゴール、バーレーンが先制します。日本は決定的なチャンスを作るもののシュートの精度が悪くゴールになかなか繋がりません。40分遠藤選手が相手選手の顔面を殴って倒したとして1発レッドカードで退場となって しまいました。 前半はバーレーン1点リードで終了しました。日本が1人少ない状況で試合をひっくり返す ことが出来るか後半を注目したいと思います。
後半、2分CKから中田選手の打点の高いヘッドでゴールを決め同点に追いつき、 10分玉田選手がペナルティエリア内の角度のない位置からゴールを決め遂に試合を ひっくり返します。 しかし、26分ボールをカットされA・フバイルに同点ゴールを許し、 続いて40分日本のディフェンスの隙を衝かれボールをフリーのナセルに出され逆転の ゴールを入れられます。 この時点で試合は終わったと思いましたが、 45分三都主選手のクロスを中澤選手がヘッドで奇跡的な同点ゴールを決め延長に持ち込み ました。信じられません。
延長前半、3分相手DFのクリアミスを玉田選手がカットし相手DF3人を抜いてGKとの 1対1も制してゴールを決め日本がリードします。しかし、アジアカップはゴールデン ゴール方式ではないためロスタイムも含めてまだ30分あり、見た目にも選手全員疲労困憊 のようで最後まで頑張れるのかと思いました。
延長後半、危ない場面もありましたが何とかディフェンスが踏ん張って玉田選手の1点を 守りきり勝利しました。
前回のヨルダン戦に続いて物凄い試合になりましたが、日本の選手全員が頑張ってくれ ました。タイムアップの後立てない選手も何人かいましたが、決勝戦まで中3日あります のでコンディションを整えて、ぜひ決勝も勝って日本に帰って来てほしいと思います。

|

« U-23日本代表選手が五輪最終合宿地へ出発 | トップページ | 高木和道選手ヴィッセル神戸に移籍 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/1114405

この記事へのトラックバック一覧です: アジアカップ中国2004準決勝:

« U-23日本代表選手が五輪最終合宿地へ出発 | トップページ | 高木和道選手ヴィッセル神戸に移籍 »