« アジアカップ中国2004グループリーグ第2戦 | トップページ | 高円宮杯全日本ユースサッカー出場チーム(第1報) »

2004.07.25

U-23日本代表対U-23オーストラリア代表

U-23日本代表0-1U-23オーストラリア代表
得点者:
(日本)-
(豪州)14
前半、大久保選手のゴールポストを叩くシュートもありましたが オーストラリアの高い壁に攻め倦んだ日本でした。
後半、32分オーストラリアに右サイドを突破され、早いボールをゴール前に入れられ GKの直前で14番に合わされて失点してしまいました。 ディフェンスが一瞬ルーズになってしまい、これはGKは防ぐことは難しかったと思い ますが悔しい失点をしてしまいました。 日本は有効な攻撃をすることが出来ず、枠内に入るシュートもほとんど撃てませんでした。 ゲームはそのまま終了し日本にとっては痛い敗戦となりました。
今日の日本は疲れからか判断スピードが遅く、パスをカットされるなど危険な場面を 招くことが多かったように思います。また、攻撃でも本来のスピードを生かした展開が 出来ず本番でオーストラリアより強固なディフェンスを誇るイタリアなどと対戦した場合の 得点イメージが湧かない試合をしてしまいました。 逆にオーストラリアは1~2タッチでパスを展開するスピーディーなサッカーを しており今日の敗戦は仕方ないと感じました。 攻守共に課題が出た日本ですが本番までにどこまで修正できるか山本監督の手腕が問われる ところです。
黒河選手は全体的に見てハイボール処理や近距離からのシュートにも冷静に対応出来て おり今日はまずまずのパフォーマンスを披露することが出来たと思います。 本番で使われるかまだ分かりませんが良いアピールが出来たのではないでしょうか。

|

« アジアカップ中国2004グループリーグ第2戦 | トップページ | 高円宮杯全日本ユースサッカー出場チーム(第1報) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/1048619

この記事へのトラックバック一覧です: U-23日本代表対U-23オーストラリア代表:

« アジアカップ中国2004グループリーグ第2戦 | トップページ | 高円宮杯全日本ユースサッカー出場チーム(第1報) »