« 明日はプリンスリーグ岐阜工業戦 | トップページ | JFAプリンスリーグU-18東海2004第8節 »

2004.07.09

日本代表対スロバキア代表

日本代表3-1スロバキア代表
得点者:
(日本)福西、鈴木、柳沢
(スロ)10
前半、日本はスロバキアの守備に苦しみ、殆んどチャンスを作ることが出来ませんでした が、終了直前に得たCKを福西選手が豪快にヘッドで決め1点リードして終了します。 前半終了間際からスロバキアの選手に疲労が見え始めラフなプレーが目立ち出したのが 少し気になります。
後半、開始早々坪井選手が相手選手との接触で痛み、田中選手と交代。坪井選手は そのまま担架で退場してしまいました。重い怪我でなければいいのですが。 20分、スロバキアのCKを宮本選手がクリアできなかった(被った)ボールを10番に 決められ同点に追いつかれます。 その直後、中村選手のスルーパスに鈴木選手が飛び出しゴールに流し込み、再度リード します。 36分、柳沢選手が相手DFのGKへのバックパスをGKが処理ミスした所を奪って ゴール。柳沢選手待望のゴールで勝敗はほぼ決定しました。 その後はスロバキアに多少押し込まれましたが無得点に抑えタイムアップ。 キリンカップの初戦を勝利で飾りました。
それにしても玉田選手は動き出しがいいですね。今日のFWの中では得点は上げられま せんでしたが光っていました。

|

« 明日はプリンスリーグ岐阜工業戦 | トップページ | JFAプリンスリーグU-18東海2004第8節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/935601

この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表対スロバキア代表:

« 明日はプリンスリーグ岐阜工業戦 | トップページ | JFAプリンスリーグU-18東海2004第8節 »