« 2004年J1ファーストステージ第12節 | トップページ | アジア杯予備登録メンバー発表 »

2004.06.15

アテネ五輪に黒河選手の選出の可能性は何パーセント?

小野、高原、曽ケ端以外は考えない スポニチアネックス
アテネ五輪山本監督のオーバーエージに関する記事がありました。 やはりGKに1枚使うことは確実の様で、曽ケ端選手サイドも招集に支障はなさそう ですね。そうすると残りはおそらく1枚。これを争うことになります。 GKはDFとの連携も重要なので実戦経験がある人間がまず重視されるとすると 予選及びテストマッチに出場した選手に実質絞られると思います。 林選手は椎間板ヘルニアの手術をしましたが五輪までにはたぶん間に合うでしょう。 となると、林選手と黒河選手のマッチレースということになり可能性は50%という ことでしょうか。あとはリーグで実戦経験を積んで選出されるよう努力する しかありませんが、現在、アントニーニョ監督のファーストキーパーの選択は西部選手 ですね。こうなるともう黒河頑張れとしか言うことができませんが何とか選出される よう応援したいと思います。

|

« 2004年J1ファーストステージ第12節 | トップページ | アジア杯予備登録メンバー発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/773533

この記事へのトラックバック一覧です: アテネ五輪に黒河選手の選出の可能性は何パーセント?:

« 2004年J1ファーストステージ第12節 | トップページ | アジア杯予備登録メンバー発表 »