« アントニーニョ監督辞任確定、後任は石崎ヘッドコーチ | トップページ | 戸田選手の去就について3 »

2004.06.28

プリンスリーグ東海順位(第6節終了時点)

第6節で結構上位で潰し合いがあり相当順位が変動しました。 首位のジュビロユースは四中工に勝利し首位を堅持、ほぼ通過が決まりました (あと3試合で勝点2以上を上げれば通過決定)。 2位の静岡学園は3位の藤枝東に勝ち2位を堅持、逆に敗れた藤枝東は4位に後退。 4位のグランパスユースは既に報告したようにエスパルスユースに敗れ5位に後退。 これでエスパルスユースが5位から3位に上昇しました。しかし、あと3試合の対戦相手 には首位のジュビロユース(直前の対戦であるクラブユースサッカー選手権(U-18)静岡県 予選で0-5で大敗)と2位の静岡学園が含まれますので相当の苦戦が予想されます。 また、岐阜工も順位は低いですが侮れないチームです。
次節は7月3日にジュビロユースとの対戦です。当初怪我で欠場していた選手も復帰し、 ほぼベストのメンバーで戦えるこの試合は非常に楽しみです。ぜひ勝利して勝点3を 取ってきてほしいですね。

|

« アントニーニョ監督辞任確定、後任は石崎ヘッドコーチ | トップページ | 戸田選手の去就について3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/859365

この記事へのトラックバック一覧です: プリンスリーグ東海順位(第6節終了時点):

« アントニーニョ監督辞任確定、後任は石崎ヘッドコーチ | トップページ | 戸田選手の去就について3 »