« アジア杯予備登録メンバー発表 | トップページ | アントニーニョ監督解任(今後の動向を注目) »

2004.06.16

2004年J1ファーストステージ第13節

アルビレックス新潟3-3清水エスパルス
得点者:
(新潟)上野2、エジミウソン
(清水)北嶋、平岡、斉藤
前半、北嶋選手のゴールで先制するが、すぐに上野選手に同点ゴールを許し同点で 前半を終了します。 後半、平岡選手のゴールで再びリードするものの終了10分前に エジミウソン、上野選手の連続ゴールで逆転され、そのままタイムアップと思われた ロスタイムに斉藤選手の劇的なゴールで同点に追いつきました。 今日は80分まで勝点3を意識し、ロスタイム突入時は敗戦を覚悟し、タイムアップ直前に 同点で歓喜するという感情を激しく揺さぶられるゲームでした。
今節のゲームは守備の集中力という課題とタイムアップまで試合を諦めないという闘志の 2面性を見せてくれたエスパルスでした。
しかし、今日負けていたら本当に精神的にも落ち込む所を救ってくれた斉藤選手に感謝し ます。選手もこの勝点1を次回勝点3にするにはどこを工夫したらよいか良く 検討していただきたいと思います。

|

« アジア杯予備登録メンバー発表 | トップページ | アントニーニョ監督解任(今後の動向を注目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/780885

この記事へのトラックバック一覧です: 2004年J1ファーストステージ第13節:

« アジア杯予備登録メンバー発表 | トップページ | アントニーニョ監督解任(今後の動向を注目) »