« Blog Pet こうさぎを付けてみました | トップページ | 山本真希選手セカンドステージデビューの予感 »

2004.05.31

日本代表対アイスランド代表

日本代表3-2アイスランド代表
得点者:
(日本)久保2、三都主
(アイ)ヘルグソン2
前半、相手FKを楢崎選手がパンチングしたボールが直接相手選手に当たりそのまま ゴールするアンラッキーなゴールで先制されます。 その時、楢崎選手が傷みますがすぐ戦列復帰、小野選手も足を気にしていますがそのまま プレーを続行しています。 日本の反撃は久保選手。小野選手からのパスを個人技で持ち込み相手DFを巧みに かわしてゴールを決めます。続いて小野選手の精度の高いロングパスから久保選手が ループぎみのゴールを決め逆転します。 この2点は2人のすばらしいタレントの個人技の賜物だと思います。 アイスランドはフィジカルコンタクトが前半はほとんどありませんでした。 イングランドでプレーする選手がいる割には意外な気がしました。 中村選手はパス、トラップの精度が悪くFWが動き出しをしてもことごとくパスを失敗して しまいます。運動量も少なく実戦モードになるまで少しかかりそうです。
後半、開始早々CKをヘルグソンがヘッドで決め同点にされます。 しかし、すぐ鈴木選手が得たPKを三都主選手が決め再度リードします。 その後、日本は決定的なチャンスを何本か作りますが全て外して結局得点は 追加できませんでしたが貴重な勝利を得ることができました。
今回は日本のFW層の薄さがはっきりしてしまいました。 次のイングランド戦に久保選手が出場できるか微妙ですが他のFW選手の 更なる奮起に期待したいと思います。

|

« Blog Pet こうさぎを付けてみました | トップページ | 山本真希選手セカンドステージデビューの予感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/683352

この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表対アイスランド代表:

« Blog Pet こうさぎを付けてみました | トップページ | 山本真希選手セカンドステージデビューの予感 »