« JFAプリンスリーグU-18東海2004第4節 | トップページ | 反則について思うこと »

2004.05.09

2004年J1ファーストステージ第9節

清水エスパルス1-2セレッソ大阪
得点者:
(清水)アラウージョ
(セ大)西澤、大久保
前半、エスパルスが優勢に試合を進めアラウージョが先制ゴールを決めます。 後半、開始早々にFKから西澤選手にヘッドを決められ同点、その後 大久保選手に逆転のゴールを許しそのまま終了、セレッソに勝利をプレゼント してしまいました。
雨でただでさえ体力消耗が激しい試合でプレッシングサッカーを90分間続けるには まだまだフィジカルを上げなければいけないことを教えられた試合でした。
しかし、イエローカードが両チーム合わせて13枚、退場者2名とはどんな試合 なんでしょう。エスパルス側に次節出場停止の選手が出なかったのが唯一の救い です。
尚、今シーズン初のベンチ入りをした高木純平選手は残念ながら出場できませんでした。

|

« JFAプリンスリーグU-18東海2004第4節 | トップページ | 反則について思うこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/564865

この記事へのトラックバック一覧です: 2004年J1ファーストステージ第9節:

« JFAプリンスリーグU-18東海2004第4節 | トップページ | 反則について思うこと »