« 日本代表メンバー発表 | トップページ | JFAプリンスリーグU-18東海2004第1節 »

2004.04.17

2004年J1ファーストステージ第6節

名古屋グランパスエイト2-2清水エスパルス
得点者:
(名古屋)ウェズレイ、海本
(清水)北嶋、アラウージョ
試合は開始早々の北嶋選手の今期初ゴールから始まりました。 しかし、前半終了直前ペナルティーエリアのすぐ外で斉藤選手がファールし ウェズレイがフリーキックで同点にします。 後半、カウンターから海本選手にゴールを決められ逆転されグランパスペース になります。 この流れを変えたのは交代で投入されたアラウージョ。相手ディフェンダーを ブロックしながら右足でゴールし同点に追いつきこれで流れをエスパルスに 引き戻します。 その後、双方決定的なチャンスを外してタイムアップ。
課題としてラストパスの精度をもう少し上げないといけません。 試合後、選手間で会話(北嶋選手と森岡選手)を熱心にしていたのが印象的でした。 だんだんチームらしくなって来ました。

|

« 日本代表メンバー発表 | トップページ | JFAプリンスリーグU-18東海2004第1節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/454395

この記事へのトラックバック一覧です: 2004年J1ファーストステージ第6節:

« 日本代表メンバー発表 | トップページ | JFAプリンスリーグU-18東海2004第1節 »